FXのメリット・デメリットを現役FXトレーダーが徹底解説【FXの真実を語る】

FX初心者向け

こんにちは、100億円トレーダーです。
(※顔写真付きの詳しいプロフィールはこちら

今回は、

 

FXを始めようと思っていろいろ調べているんだけど、FXにはどんなメリット・デメリットがあるんだろう?現役FXトレーダーが考えるFXのメリット・デメリットが知りたいな

 

という質問に答えていきます。

この記事を書いている私はFXトレード歴3年7ヶ月で、トレード収益は月70万~100万ほど。

この3年7ヶ月の間にFXの酸いも甘いも見てきたので、私が考える

「FXのメリット・デメリット」

は割と信憑性があるかなと思います。

 

デメリットを補って余りあるメリットがあるので私はFXトレーダーになり今後もトレーダーとして生きていくつもりです。私がFXトレードを始めたきっかけについて興味がある方はこちらをご覧ください

 

FXを始めようかどうかを考えているということは、

「個人の力で稼ぎたい(副業としてもう1つの収入源が欲しい)」

という思いがあることと思います。
(※ちなみに私は個人の力で稼ぐ生き方に大賛成なので、一歩を踏み出す人を応援したい気持ちでこのブログを開設しました)

そこで今回の記事は、FXのメリット・デメリットをお伝えしていく際に、FXと並んで個人で稼ぐ職業として人気がある【アフィリエイト】との比較を交えて解説します。

なお、もっと詳しいアフィリエイトとFXとの比較を知りたい方は、今回の記事と合わせてアフィリエイトとFX、どちらを選ぶべきか?【現役アフィリエイター兼FXトレーダーが徹底解説】をご覧ください。

では、早速FXのメリットからお伝えしていきましょう。

FXのメリット

私が考えるFXのメリットは下記の8つです。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.桁違いに稼ぐことができる

FXトレードの一番のメリットは間違いなくこれであり、私がFXに参入しようと思った最大の理由でもあります。

 

私は年収10億稼ぐつもりでFXに参入してきています

 

たった1人で稼ぐという前提においてトレード(FX・株)以上に稼げるものは存在しないと断言できます。

▶参考記事:トレーダーが最強の職業である6つの理由【1人で稼ぐという前提においてトレード以上に構造的に儲かる方法はない】

私はFXトレードの他にも、稼げる仕事として有名なアフィリエイトビジネスも行っていますが、ハッキリ言ってトレードで稼げる金額のレベルはアフィリエイトの比ではありません。

 

ちなみに私はアフィリで月200-300万円を稼いでいます。詳しくは働きたくないけどお金が欲しい人はFXかネットビジネスをやるしかない【自由になる方法を解説】をご覧ください

 

なぜ、そう言い切れるか?

私はアフィリエイト歴が長く、アフィリエイターの友達も数多くおりその人達の年収もだいたい知っていますが、最も稼いでいる人でせいぜい年収1億円程度だからです。
(※ 実際にやっている私の感覚からしてもアフィリのアッパーは年収1億円くらいじゃないかなと思います)

日本の平均年収と比べると年収1億円でも十分凄いですが、トップでこの金額ということは、あなたがアフィリエイトを死ぬ気でやってトップアフィリエイターになってどれだけ頑張ったとしても稼げる最高が年収1億円程度だということです。

 

しかも頑張って年収1億稼いだところで税金でほぼ半分取られますので、実際の手取りは5,000万しかありません

 

かたや日本で最も稼いでいると思われるであろうトップトレーダーの年収は以下の通りです。

これを見るとトップトレーダーは、トップアフィリエイターの何十倍もの金額を稼いでいるのが分かります。

 

そんな一部の有名人の話をされても、、

 

と思うかもしれませんが、BNF氏やcis氏ほど有名ではなくても稼いでいる人はたくさんいます。

例えば、この方は年収24億稼いでいますし↓
(※ この方は確かまだ33歳くらい、為替と日経先物で稼いでいるみたいです)

この方は年収6億円稼いでいます↓

他にも、

このように5億・10億を稼ぐ人がうじゃうじゃいるということが、いかにトレード(FX・株)が稼げる業界であるかの証拠です。

 

私の知り合いの億トレーダーも年間5億円くらい稼いでいます

 

なお、この辺りに関しては、年収1億円以上稼ぐ人は2万人以上!最も多い職業は何か?にてデータ付きで詳しく説明していますので、今回の記事と合わせてご覧いただけるとさらに納得してもらえると思います。

もちろんここまでの額を稼げる人はほんの一握りだけかもしれませんが、それでもトップトレーダーが稼ぐ金額はトップアフィリエイターが稼ぎ出す金額のレベルとは違いすぎます。

なぜこんなにも稼ぎ出す金額のレベルが違うかと言うと、

その1:市場規模がデカい
その2:レバレッジをかけやすい

という2つの理由があるからです。

例えば、アフィリエイトの2018年度の市場規模は矢野経済研究所によると「2,933億円」です。

これだけ見ると充分大きいように見えますが、

✔為替市場はたったの1日で「600兆」の取引高
✔国内株式市場の1日の売買代金は「約3.3兆」
✔NY証券取引所の1日の売買代金は「約10兆」
(※売買代金とは、株式市場で売買が成立した金額のことを言います)

と、アフィリエイトの市場規模とは桁があまりにも違いすぎます。

それだけそこにお金が集まっているということなので、1人の人間が稼ぎ出す金額が大きくなるは当然のことですね。

次にレバレッジですが、FXはレバレッジが掛けやすいのが大きな特徴の一つです。

アフィリエイトもそうですが、通常のビジネスでは、手持ち資金以上のお金をかけられること(=レバレッジ)はまずないのですが、FXでは何の苦労もなく簡単にレバレッジをかけられることが大きな金額を稼げてしまう秘訣です。

 

これは諸刃の剣なので、失敗した場合は損失もデカくなりますよ

 

このように稼げる金額に限界がないことが、私が最も魅力を感じているFXのメリットです。

なお、

「市場規模がデカい」
「レバレッジがかけやすい」

という理由を更に深堀りした解説や、FXトレーダーが桁違いに稼げるその他の理由を知りたい方は、

トレーダーが最強の職業である6つの理由【1人で稼ぐという前提においてトレード以上に構造的に儲かる方法はない】

をご覧ください。

2.税金が安いので手元にお金が残る

FXは国内FX業者を使ってトレードする場合に限り「キャピタルゲイン課税」が適用されるので、どれだけ稼ごうが

「一律20%」

です。

 

これ、気付いていない方が多いですが、めちゃくちゃ凄いことですよ

 

1億稼ごうが、5億稼ごうが常に税率は20%と固定されているので、稼げば稼ぐほど税率が上がっていく通常のビジネスの「累進課税制度」とは大きな違いです。

例えば、仮に年間1億円という金額を、

・FXトレードで稼いだ場合

・通常のビジネス(アフィリエイト等)で稼いだ場合

とを比較してみると分かりますが、実際に手元に残る金額(=実際に使えるキャッシュ)は雲泥の差です。

まずFXで年間1億円稼いだ場合、キャピタルゲイン課税一律20%が適用されるので税金は2,000万、手元に残る金額は「8,000万」です。

【FXで年間1億円稼いだ場合】

利益:1億円
税金:2,000万円

手元に残る金額:8,000万円

対して通常のビジネスで年間1億円稼いだ場合、累進課税制度が適用されるので税金は約5,000万、手元に残る金額は「5,000万」ですので

【通常のビジネスで年間1億円稼いだ場合】

利益:1億円
税金:5,000万

手元に残る金額:5,000万

その差なんと

「3,000万」

にもなるのです。

 

その差3,000万ですよ!3,000万あったら色んなことができますね!

 

同じ年間1億円という金額を稼いでいるのに、

「どの職業で稼いだか?」

によって手元に残る金額がこんなにも変わってくるのですね。

 

これが5年・10年続いたら実際の手取り金額の「差」は取り返しのつかないほどの大きさになってしまいますね…

 

ちなみに、1億で年間3,000万の差ですから、3億の場合は年間9,000万の差になります。

同じ「年収3億」という金額を稼いだとしても実際の手取り金額では9,000万もの開きが出てくるんです。

多くの人は稼ぐことばかりを考えて手元に残るお金のことを考えていないように見受けられますが、本当に考えないといけないのは

「手元に残るあなたの利益(=実際の手取り)」

です。

どんだけ稼いでも、手元に残る金額が少なければ自分が思い描いているような理想の未来にはなかなか近づけません。

その点、税金面で見るとFXトレーダーという職業は圧倒的に優遇されており、かなり魅力的です。

更には、ドバイやシンガポールなど、キャピタルゲイン課税が無税の国々もあるので、そういった国に移住すれば税金を一切取られることなく稼いだ金額が丸々手元に残りますから、よりお金を早く貯めることができます。

 

私も近い将来ドバイに移住するつもりで現在準備を進めています

 

なお、FXトレードと通常のビジネスの税制の違いに関して更に詳しく知りたい方は、トレーダーが最強の職業である6つの理由【1人で稼ぐという前提においてトレード以上に構造的に儲かる方法はない】の中にある

「桁違いに稼げる理由その4:税制が有利だから」

という章をご覧ください。

3.住む場所・働く場所を自由に選ぶことができる

FXはパソコンとネット環境さえあればどこでもトレードできますので、働く場所・住む場所に左右されずにお金を稼ぐことができます。

どこでトレードするかはあなたの自由なので、ツラい満員電車での通勤などとは全く無縁の生活ができます。

自宅から一歩も外に出ずにずっと自宅のトレードルームにいても良いですし、それに飽きたらノートパソコンを持ってお気に入りのカフェに行ってそこでエントリーチャンスが来るまで待っていても良いです。

外出中にスマホから注文を出すこともできますし、旅行中でもノートパソコンとネット環境があればトレードすることができます。
(※ちなみに私は思いっきり旅行を楽しみたいので、旅行中はトレードしませんが..)

また、住む場所も自由に選ぶことができます。

何度も言うように、FXはパソコンとネット環境さえあればどこでも稼ぐことができるので、例えばタイやマレーシアなどの日本より物価の安い国に移住して贅沢なライフスタイルを手に入れることも可能です。

 

同じ「月収30万円」という収入でも日本に住むのとタイに住むのとでは生活レベルがかなり違ってきます。日本で月収30万円だと豊かな生活には程遠いですが、タイで月30万円あれば相当贅沢な生活をすることができます

 

自分が住みたい憧れの国に移住することも可能ですし、1年の半分ずつを日本とバリ島で過ごすなどのデュアルライフをすることも可能です。
(※私も来年中には、住んでみたい国であるドバイに移住する予定です)

もちろん日本国内でも自分の好きな都道府県に住むことができます。

 

事実、私は2017年から2018年の1年間、沖縄にプチ移住していました

 

このように、FXで稼げれるようになれば、ただ単に収入が増えるというだけではなく、「住む場所・働く場所」も自由に決められるのです。

言い換えると、FXを極めるということは、様々な制約・束縛から解放され、国・会社・他人に縛られないということです。

今の一般社会では、住む場所や働く場所は雇ってくれている会社次第というのが常識です。

ですが、その当然だと思っていた常識すら当てはまらない自由な生き方があるのです。

お金や時間に縛られた生活するのではなく、自分の好きな場所で好きなことをして生きていきたいという方にとってはFXという職業は天職だと思います。

今からFXの技術を習得するのに数年かかったとしても、その後の数十年の長い人生を思うまま自由に暮らせると考えるとかなりの価値があるとは思いませんか。

4.トレード技術を身に付ければ一生使える(時代に左右されない)

為替相場や株式市場は資本主義が無くならない限り未来永劫存在します。

そして相場の本質(=需給と大衆心理で動く)はいつの時代も変わらないので、一度トレード技術を身に付けてしまえば、時代に左右されることなく永遠に稼ぐことができます。

この、

「時代に左右されることなく」

というところがポイントです。

トレード以外の通常のビジネスは、自分の技術や商品の価値を磨いても、それが時代に合わないものであれば思うように稼げないことが多々あります。

あの笑いの天才である島田紳介さんも、後輩芸人を集めたセミナーの中で、成功するためには

「結果 = 才能 × 努力 × 時代(=流行り廃り) 」

と言っているくらいですから、いくら才能があって努力しても時代が合わなければ稼ぐことができないということです。

ですが、FXは時代に左右されることはありません。

過去の相場も現在の相場も、そして未来の相場も、ずっと同じことを繰り返しているのです。

ビジネスのように流行り廃りなどありません。

試しに、10年前の今の相場と2019年の今の相場を下記に貼りますが、どっちがどっちか分かりますか?

どっちがどっちか、分からないですよね。

理由は下記のTwitterにある通り、

相場はずっと同じことを繰り返しているだけであり、いつの時代でも、相場の後ろに人間がいる限り相場の本質(=需給と大衆心理で動く)は何も変わらないからです。

 

トレーダーで成功するということは自宅に限度額のないATMを置くようなものだ

 

これはとある億トレーダーが言っていた名言ですが、一度トレード技術を身に付けてしまえば時代に左右されることなく一生ずっと稼ぎ続けることができるという意味であり、本当にその通りの素晴らしいメリットだと思います。

5.家族や親しい友人の資産運用をしてあげられるので周りも幸せ

FXトレードが上手くなり安定して毎月利益を上げられるようになれば、家族や親しい友人の資産を運用し増やしてあげることができるのでかなり喜ばれます。

但し、免許登録していない個人トレーダーが他人の資産運用を代行することは現時点では違法なので、投資顧問業(運用業)の免許登録をしなければなりません。

 

資産運用代行会社を立ち上げ投資顧問業(運用業)の免許を取得すればOKです

 

平均年収が下がり続け、余裕を持った暮らしが出来ている人が少なくなってきている現代の我が国において、少ないお小遣いをどうにか増やそうと資産運用(=投資)に興味を持つ人が多くなっています。

 

銀行に預けていても全く増えませんし、年金2,000万円問題も話題になりましたしね

 

これは、皆さんの家族や親しい友人達も例外ではないでしょう。

そうやってFXを始める人も多いのですが、投資というのはFXトレーダーの9割は何故負けるのか?【勝てない理由はただ1つ】の記事に詳しく書いている通り

「プロの世界」

なので、しっかりとした技術を身に付けていない人が軽い気持ちで参入してしまうと

✔損失を出すか
✔資金の大部分を溶かすか

といった散々な状況になり退場していくことが多いのが実情。

資産を安定的に増やせるプロになるには、余程の天才じゃない限り最低3年~5年はかかります。

 

投資ってそんな簡単なものじゃないってことを最初から理解しておく方が良いと、私は思います

 

しかもその3年~5年の間は、資産が増えるどころか損を出すことの方が多くなるので、今あるお金を増やそうと思って投資を開始したのに、増えるどころかむしろ減ってしまうというのも少なくない世界。

多くの人はこの状態に耐えきれずに投資をやめていきます。

そんな中、もしあなたが毎月安定して利益を上げ続けているプロのFXトレーダーだったらどうでしょうか?

 

俺が運用してあげようか?

 

と家族や親しい友人の資産を運用し、お金を増やしてあげることができます。

自分自身がお金を増やすスキルを持つことで、親や大切な人の生活を守り様々な不安や問題を解決してあげられるのです。

あなたのお陰で彼らの生活はいくばくか豊かになり、きっと彼らからたくさん感謝され喜ばれますね。

自分だけでなく周りの大切な人たちも幸せにすることができるのです。

毎月安定して利益を上げ続けられるトレード技術を身に付ければ、このように家族や親しい友人を救ってあげることができるのもFXトレーダーのメリットの1つです。

6.稼ぐまでに何の作業も必要としない

通常のビジネスでは、稼ぐまでに膨大な作業(=PCに向って仕事することや人に会い営業するなど)を必要としますが、FXでは作業することが何もありません。

やるべきことと言えば、

その①:勉強する
その②:チャートを見る
その③:実際にトレードする(=クリックするだけ)
その④:自身の行ったトレードを分析して弱点を把握し修正していく(=トレードの分析)
その⑤:以後、これを繰り返す

だけです。

FX以外での副業として人気のアフィリエイトは、

・サイトを構築したり、
・毎日文章を書いたり、
・動画を編集して投稿したり

などの地道で時間のかかる作業をずっと続けないといけないですが、FXは何の作業も発生しません。

 

覚えることもアフィリエイトよりは少ないですよ

 

FXで時間をかけるべきはその④の

「自身の行ったトレードを分析して弱点を把握し修正していく」

という所なのですが、これは作業というよりは勉強と言えるものなので、ある意味FXは勉強するだけで稼げるようになる職業とも言えます。

つまり、「勉強」と「実践の積み重ね」によってトレード技術さえ身に付けてしまえば、あとやることと言えば、エントリータイミングが来たらマウスをクリックして注文し損切りラインと利確ラインを入れておくだけです。

とにかく作業することが何もなく、技術さえ身に付けてしまえばクリック1つで大金を稼ぐことができる凄い世界なのです。

もし今から何か新しい分野を勉強しに学校に通ったり資格を取ったりを考えている人ならば、FXを学ぶのはかなり良い選択だと思います。

7.第三者リスクがない(一度積み上げたら未来永劫ずっと使える)

FXには通常のビジネスのような第三者リスクは殆どありません。

第三者リスクとは?

自分以外の要因で稼げなくなってしまうリスクのことを指す。

FXにおける自分以外の第三者とは「為替相場」と「FX業者」ですが、我々が積み上げてきたものを彼らに壊されてしまう可能性はほぼ0です。

 

通常のビジネスだと第三者に積み上げてきたものをぶち壊されてしまう可能性があります。詳しくはアフィリエイトとFX、どちらを選ぶべきか?【現役アフィリエイター兼FXトレーダーが徹底解説】をご覧ください

 

なぜなら、為替相場は資本主義が無くならない限り未来永劫ずっと存在し続けるからです。

もし仮に「世界統一通貨」みたいなものが出来て為替市場がなくなっとしても、他の相場があるので問題ありません。

為替市場だろうが、株式市場だろうが、商品先物市場だろうが、そこに人間がいる限り「相場の本質」は何も変わらない為、トレード技術を持つトレーダーはどの市場でも稼ぐことができるので、どこかの市場がなくなったとしても何の影響もありません。

 

実際、資産230億円トレーダーであるcisさんは株でも稼いでいますし、為替でも稼いでいますし、先物でも稼いでいますよ

 

また、FX業者にしても、仮に現在使っている業者が潰れたとしても無数にある他の業者を使えばいいだけです。

▶関連記事:但し、国内FX業者を使うと入金したお金以上のマイナスを背負わされるリスクがあるので要注意

このように、FXは苦労して積み上げてきたものが第三者によってぶち壊されることはなく、トレード技術さえ身に付けることができれば未来永劫ずっと稼ぎ続けられるのです。

一生ものですから時間をかけてでも技術を身につける価値がありますね。

8.ランニングコストが安い

FXのランニングコストの安さは全てのビジネスの中で群を抜いています。

通常のビジネスだと、売上の増加に比例してコストも増えていきますが、FXの場合いくら稼ごうがコストは一切増えません。

最初にトレード用PCを購入した時点で主なコストに関しては全て終わりで、それ以降にかかるコストと言えば、

✔ネット回線代
✔電気代

くらいです。

 

月1億円稼げるようなってもこれ以外のコストは掛かりません

 

この世の全職業でダントツにコストがかからないと言っても過言ではないと思います

これらが私が考えるFXのメリットです。

もう一度まとめると、

1.桁違いに稼ぐことができる
2.税金が安いので手元にお金が残る
3.住む場所・働く場所を自由に選ぶことができる
4.トレード技術を身に付ければ一生使える(時代に左右されない)
5.家族や親しい友人の資産運用をしてあげられるので周りも幸せ
6.稼ぐまでに何の作業も必要としない
7.第三者リスクがない(一度積み上げたら未来永劫ずっと使える)
8.ランニングコストが安い

という感じです。

では次にFXのデメリットを説明していきましょう。

FXのデメリット

私が考えるFXのデメリットは下記の5つです。

【FXのデメリット】

1.負けてお金が減ることがある(資金を溶かす可能性も大いにあり)
2.ある程度のまとまった資金が必要
3.資金量がものをいう世界である
4.相場に支配され全ては相場次第
5.トレードしないとお金を稼げない(あくまでも労働収入)

(※それぞれの項目にジャンプすることができるようにしていますので、気になる項目があれば先にそこをお読みください)

それでは、1つずつ詳しく見ていきます。

性質上、負けてお金が減ることがある(資金を溶かす可能性も大いにあり)

FXの一番のデメリットは恐らくこれでしょう。

FX以外の世の中のほとんどの仕事は、コツコツと売り上げを積み重ねて利益を増やしてお金が増えていくものですが、FXトレードは

「勝つことも負けることもあるが損失と利益をプラマイするとプラスである」

という考えでお金を増やしていくので、性質上お金を増やす過程に必ず【負けてお金が減る】ということが起こります。

これは常に優位性に賭けていくというFXトレードの性質からくるものなので、プロの億トレーダーでも負けることがあります。

 

が、彼らは負ける額よりも勝つ額が多いから億を稼げているのです

 

利益を積み重ねてお金が増えていくというビジネスの既存の概念を捨てられない人とっては

「儲ける過程でお金が減ることもある」

というFXの性格はデメリットでしょう。

勝ったり負けたりしながら技術を磨いて

「損失よりも利益を多くできるように」

ということを目指して地道に勉強とトレードを繰り返していける根気があれば良いのですが、目の前で自分のお金がどんどん減っていくのは金銭的にも精神的にもきついです。

そして想像がつくとは思いますが、FX初心者は「技術」も「戦略」も未熟なので、利益を出すことよりも負けて資金を減らしてしまうことの方が多いし、

 

早く大きく稼ぎたい!

 

という欲からトレード技術がないにも関わらずハイレバでトレードしてしまうパターンもあり、大体の人がアレヨアレヨと言ううちに自己資金を溶かしてしまいます。

1回も資金を溶かさずに稼げるようになったFXトレーダーなんて私の知る限り1人もいない、というくらいFXをしている人のほとんどが資金を溶かした経験があると思います。

 

私も累計1,000万以上資金を溶かしています..

 

「トレードを始める前にめちゃめちゃ勉強したから初めてのリアルトレードからバンバン利益が出せた!」

となれば良いのですが普通はなかなかそう上手くはいかず、トレードをするたびにどんどん自分お金が減っていく場合が多いです。

短期思考で今すぐ稼ぎたい!と思っている人にとっては稼ぐためにFXを始めたのに、お金が減るのはデメリットに感じるでしょう。

 

長い目で見れば技術を身につければそれ以上のリターンがあるのですが、多くの人は短期志向なのでそのリターンを得られるようになる前に諦めてしまいますね

 

ある程度のまとまった資金が必要

FXは始める際に、まとまった資金(=証拠金/投資元本)が必要です。

5万・10万の少額の資金からでもスタートできなくはないですが、ある程度満足できる額を毎月稼いでいきたいなら最低でも100万を目安に資金を用意しなければなりません。

 

私は100万からスタートしました

 

もし仮に5万・10万などの小額の資金しか用意できないとなると、

①:リスクを取ってハイレバで仕掛けて投資元本を増やしていくか
②:数千円とか数百円程度の小さな利益を積み重ね時間をかけて少しずつ少しずつ投資元本を増やしていくか

しかありません。

①の場合、上手くいけば短期間で資金を増やしていくことができますが、下手すれば一瞬で資金を失ってしまいます。

②の場合、資金を溶かすリスクは殆どないですが、ある程度の種銭になるまでに時間が掛かり過ぎるのでバイトして100万貯めた方が早いくらいです。

このようにFXで稼いでいく為にはある程度まとまった資金がいるため、資金を用意できない人はいつまで経ってもトレードを始めることができません。

資金量がものをいう世界である

FXは資金量がものをいい、資金(=証拠金/投資元本)を大量に持っている人が楽に大きなお金を稼げてしまう世界です。

 

FXに限らず投資は全てそうなので、資金量が少ない人は弱者になってしまいます

 

FXの利益は

「pips×ロット」

ですから、1回のトレードで1ロット(=10万通貨)しか張れない人と100ロット(=1,000万通貨)張れる人とでは、獲得pipsは同じであっても利益の額は大幅に変わってきます。

例えば40pips獲れた場合、1ロットしか張れなかったトレーダーの利益は

「4万円」

ですが、100ロット張っていたトレーダーの利益は

「400万円」

です。

全く同じ獲得pips(=全く同じ労力)にも関わらず、利益は100倍も違ってきます。

この差はトレード技術の差ではなく「資金の大きさ」の差です。

大きく稼ぐために100ロットを張ろうとするとそれなりの資金を証拠金(=投資元本)としてFX業者に入れておく必要があります。

逆に言うと証拠金が少ないと大きなロットが張れないのです。

ですからFXで大きく稼ぎたいならいかに資金を大きくしていくかがポイントとなります。

▶参考記事:FXで大きく稼ぐ方法

そうなるためには稼いだお金を引き出さずに常に証拠金(=投資元本)に充当し、資金を増やしていく必要があります。

そして資金が増えてくれば、最初は1ロットしか張れなかったのが、5ロット・10ロット・20ロット・50ロット・100ロットと大きなロットを張れるようになっていき、ロットを大きく張れるようになれば

「今までと全く同じ労力で」

1トレードあたりに稼ぐ金額を大きくすることができますから、楽して大金を稼げるようになっていきます。

よって、

その1:大きな資金を用意できるか?
その1:稼いだお金を使わずに投資元本に充当し続けることができるか?

がFXで大きく稼いでいく上で必要になってくるということです。

相場に支配され全ては相場次第

FXトレードは相場ありきの仕事なので、相場の状況を把握することが必要で常に相場を気にしておかないといけません。

また、土日は相場が休みですので土日に稼ぐのは絶対に無理ですし、トレードチャンスが来るタイミングを自分で操作することはできません。

通常のビジネスは作業のスピードやタイミングは全て自分次第ですが、FXはあくまでも相場次第であり相場に依存している形です。

メリットの章で説明したように、相場は資本主義が続く限り無くならないので稼げなくなる心配はないのですが、時間やスケジュールを相場に合わせていく必要があるという点ではデメリットになる人もいるかもしれません。

▶参考記事:FXは待つのが仕事って言うけれど、何を待つか分かってる?

トレードしないとお金を稼げない(あくまでも労働収入)

FXは稼げる金額が大きいとは言え、トレードをしないと収益が発生しません。

これは労働収入の経験しかない人にはピンとこないかもしれないですが、インターネットビジネス(アフィリエイト)で自動収入を得て自由なライフスタイルを構築している私からするとかなりのデメリットです。

例えば私は国内海外問わず大の旅行好きで、1ヶ月まるまる旅行に行っている月もあります。

実際に、

「東京→ドバイ→スイス(2都市)→イタリア(4都市)→ドバイ→東京」

という旅程の時は1ヶ月半ずっと旅行していましたし、

「東京→京都→大阪→和歌山→三重→愛知→東京」

という旅程の時は約3週間ずっと旅行していました。

 

しかもこの国内旅行の1週間後にはタイのバンコクに10日間ほど旅行に行きました

 

この時、既に自動収入の仕組みを持っておりましたので旅行中も何もせずに毎日5万~10万の収益が自動で上がっていましたが、FXトレードではこれができません。

つまり、例えば1ヶ月間の長期旅行に行きその間トレードをしなければその月のトレード収入はゼロということになってしまうということです。

稼ぐためには家でチャートを見てトレードをする時間を確保しなければなりませんので、それだと海外旅行に行ったり趣味に没頭したりなどの

「人生の楽しみ」

を放棄することなってしまいます。

ですから私のように、年に何度も海外旅行に行くなどアクティブに活動している人にとっては

「トレードしないとお金を稼げない」

というのは結構なデメリットになると思います。

 

いくら上手になっても、トレードする時間を確保しないと稼げませんからね。とは言え、普通にお勤めするのとでは比にならないくらい労働時間が少ないし、ライフスタイルも自由です

 

FXのメリット・デメリットまとめ

以上、FX歴3年7ヶ月の現役FXトレーダーである私が考える

「FXのメリット・デメリット」

をお伝えしてきましたが、何か参考になるポイントがあれば嬉しいです。

私自身、日本企業のサラリーマンも、外資系サラリーマンも、個人でのネット起業(アフィリエイト)も経験してきた上での「FXのメリット・デメリット」です。

冒頭でも言いましたが、FXが持つデメリットを遥かに上回るメリットがあると思っているのでFXトレードの世界に入ってきましたが、考え方によってはFXのメリットよりもデメリットの方が上回るという方もいると思います。

特にFXは他のビジネスとは違って、

・お金が減る
・お金を溶かしてしまう可能性が大いにある

という特殊なビジネスなので、この最大のデメリットを受け入れらない方はFXをやるのは厳しいでしょう。

そういう方は無理にFXを始める必要はありません。

・ご自身の希望のライフスタイル
・どれくらい稼ぎたいか?
・現在の経済状況や取れる時間量

などに応じて、自分に合ったビジネスを自分で判断して選択されたら良いかと思います。

大事なのは、様々な情報を元に、ご自身で判断することだと思います。

もし、今回の記事を読んで、

 

ちょっとFXを始めてみようかな

 

と思った方がいらっしゃいましたら、そういったFX初心者向けに

✔どういった本を読んだら良いのか?
✔どういうステップで勉強をしていけばいいのか?
✔どういったことを行えばトレード技術を最短で身に付けることができるのか?
✔FX業者はどういった基準で選べばよいか?

などの、最短・最速でFXで稼げるようになるための方法を、

全くのFX初心者が毎月安定して稼げるプロのFXトレーダーになるためのロードマップ

という記事でかなり詳しくお伝えしていますので、是非ご覧ください。

 

今の私ならこうする

 

という視点で、FX初心者の方がなるべく無駄なく最短・最速で上達できるようなステップをお伝えすることに重点を置いていますので、手前味噌ながら参考になると思います。

ということで今回の記事は以上となります。

FXをこれから始めようかどうか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

では!

FXで勝てなくて苦しんでいるトレーダーの方へ

稼ごうと思って始めたFXなのに、思うように勝てずに苦しんでいませんか?

このレポートでは、

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

などを全127ページに渡り豊富なチャート事例を用いて具体的に解説しています。

読んだその日から即実践できる超具体的な内容に仕上げましたので、今すぐ読んでいただき是非明日からのトレードのスキル向上にお役立てください。

FX初心者向け コラム
100億円トレーダーをフォローする
100億円トレーダーになるまで

コメント