TitanFX

TitanFX

TitanFXの評判を実体験&口コミから徹底調査!【実際に利用したからこそ分かるメリット・デメリット】

「業界屈指の狭いスプレッド」と「高い約定力」を武器にユーザー数を伸ばしているTitanFXについて、実際にTitanFXを半年以上使っている私の体感&SNSの口コミを交えて、様々な角度から徹底的に解説していきたいと思います。TitanFXでの口座開設を検討している方は是非参考になさってください。
TitanFX

TitanFXのCFD取引はオススメなのか?【CFD銘柄からスプレッドまで徹底解説】

TitanFXはFX通貨ペア以外にも、日経225やNYダウ・ゴールドなどのCFD銘柄の取引ができます。本記事では、TitanFXでCFD取引をするメリットやCFD全銘柄、レバレッジからスプレッドに至るまでTitanFXのCFD銘柄に関する情報を網羅的にお伝えしてきます。
TitanFX

TitanFXはゼロカットしてくれないとの噂があるけど本当?【TitanFXのゼロカットについて徹底解説】

海外FX業者を利用する上で最大の魅力とも言えるゼロカットシステム。多くの海外FX業者がこのゼロカットシステムを採用していますが、TitanFXも採用しているのでしょうか?そこで本記事では、「TitanFXはゼロカットシステムを採用しているの?」「本当にゼロカットしてくれるの?」「TitanFXはゼロカットしてくれないとの噂があるけど本当?」など、TitanFXにおけるゼロカットシステムについて徹底解説してきます。
TitanFX

TitanFXの安全性はどう?資金を預けても大丈夫な会社なの?

本記事では、「TitanFXで取引してみたいんだけど、海外FX業者だから安全性が気になるな。大切な資金を預けても大丈夫な会社なんだろうか?」という疑問に答えます。TitanFXの安全性・信頼性について実際に使っている私の所感を含めて解説していくのでTitanFXの安全性について気になっている方は是非ご覧ください。
TitanFX

TitanFXでゴールドを取引する方法を徹底解説【スプレッドから証拠金額まで完全網羅】

FX通貨ペアと並んで多くのトレーダーに人気のゴールド。TitanFXでもゴールドを取引することができます。本記事ではTitanFXでゴールドを取引するための情報を徹底解説していきますので、TitanFXでゴールドを取引してみたい方は是非ご覧ください。
TitanFX

TitanFXブレード口座の手数料は1ロットあたりいくら?【ブレード口座の手数料とスプレッドを徹底解説】

TitanFXには、「スタンダード口座」「ブレード口座」という2つの口座タイプがありますが、特に人気があるのは、スプレッドの狭さがピカイチのブレード口座。本記事ではそんなブレード口座の取引手数料について解説していきます。TitanFXのブレード口座の取引手数料について知りたい方は是非ご覧ください。
TitanFX

TitanFXはスキャルピングに向いている業者なのか?【TitanFXのスキャルピングについて徹底解説】

本記事ではTitanFXのスキャルピングについて徹底解説します。「TitanFXではスキャルピングは可能?」「TitanFXはスキャルピングに向いている業者?」「TitanFXでスキャルピングするならスタンダード口座とブレード口座どっちが良い?」など、TitanFXのスキャルピング事情について網羅的にまとめましたので、TitanFXでスキャルピングを考えている方は是非ご覧ください。
TitanFX

TitanFXのレバレッジ総まとめ!最大レバレッジは何倍?レバレッジ制限はあるの?

TitanFXのレバレッジルールは他の海外FX業者のそれとは一線を画しており、レバレッジ面においてもかなり魅力がある海外FX業者です。そこで本記事では、公式サポートに直接問い合わせして得た情報をもとにTitanFXのレバレッジルールについて徹底解説していきます。
TitanFX

TitanFXの最大ロット数はいくら?【最小ロット数も同時に解説】

業界最狭クラスのスプレッドや口座残高に関わらずレバレッジが常に500倍などという理由からスキャルピングトレーダーに人気のTitanFX。そんなTitanFXでトレードする際の最大ロットと最小ロットは一体いくらなのでしょうか?それを解説した記事となります。
FX初心者向け

海外FX業者のストップレベルを徹底比較!XMは広すぎてスキャルには不利

スプレッドの狭さやボーナスの豪華さで海外FX業者を選ぶ人は多いですが、ストップレベルの大小を気にかけている人は少ないように感じます。ですが、小さい値幅を獲りにいくスキャルピングの場合、ストップレベルの大小が利益に直結すると言っても過言ではなく、スプレッドの狭さと並んでストップレベルの狭さも非常に重要になってきます。