トレーダーが最強の職業である4つの理由【1人で稼ぐという前提においてトレード以上に構造的に儲かる方法はない】

トレーダー

こんにちは100億円トレーダーです。

たった1人で稼ぐという前提において、

「この世に現存する職業の中で最も稼げるのはトレーダー」

だと思っています。

それは下記を見れば一目瞭然です。

よって、組織を使わずに個人の力(たった1人)のみで桁違いの大金持ち・富豪・大富豪になりたいと思っている人は絶対にトレードをした方が良いです。というかトレード(投機)しないで桁違いの金持ちになるのはおそらく無理です。

逆に、桁違いの金持ちになる事を別に目指していないのにトレーダーという職業を選んでいる、もしくは選ぼうとしているならば即刻辞めた方がいいです。

何故なら桁違いの金額を稼げる分、その難しさは恐らく全ての職業の中でNo.1だからです。

以前、誰かがこんな事を言っていました。

 

稼げるようになるまでの道のりは最高クラスの難しさですが、稼げるようになってからの利益も最高クラス

 

ですので、もし月100万で良いとか月数百万レベルで良いという人は、人類史上最も難しい職業であろうトレードなんかしないでネットビジネスをしておいた方が絶対に良いです。

過去4年間くらいネットビジネスにて月収200-300万くらいをずっと稼ぎ続けてきた私が言うのだから間違いないです。

一応証拠↓↓↓

ハッキリ言って、トレードはネットビジネスを遥かに上回る難しさです。

ですので、その難しさを越えた先にある「桁違いな稼ぎ」を本気で目指したい人のみやるべきであり、桁違いな稼ぎをそこまで求めていないのであるならばトレードはしない方が良いと個人的に思います。

最強の理由その1:稼げる金額が桁違い

まずは以下をご覧ください。

これは総資産230億のトレーダーであるCIS氏のツイートですが、どの世界にこれだけの金額を「たった1人で」稼げてしまう世界があるでしょうか?

ないと思います。

結局CIS氏はこの後結局12億円で利確したらしいですが、それでも12億です。

「個人で稼ぐ」という観点において桁違いだという事は誰の目にも明らかです。

ちなみにWikipediaに載っていたCIS氏の想定年収は下記です。

えげつないです。

また、

「日本最強の短期トレーダーであるBNF氏」

のWikipediaに載っていた想定年収も載せておきます。

04-05年:約70億
05-06年:約77億

と、わずか1年で、しかもたった1人で年間70億稼いでいます。

これくらい桁違いの金額を目指せるのがトレードの世界です。

これらの数字を見れば、せっかく桁違いに稼げる職業であるトレードを選んだのに月100万とか月数百万を目標にするのはもったいなさ過ぎるという事が分かると思います。

また海外ヘッジファンドのファンドマネージャーともなると更に桁違いの年収を稼いでいます。

もちろんヘッジファンドというのは組織ですので、一概にBNF氏やCIS氏の金額と比べる事は出来ないですが、そのトップの年収がこれくらい貰っているという事はそのヘッジファンド自体がどれくらいの利益を上げているかは想像に難くないと思います。

私はその業界のトップの年収を見れば、稼げる金額のおおよその規模感が分かると考えています。

例えば一部上場企業のサラリーマン社長の平均年収は3,000万〜5,000万くらいです。

つまりサラリーマンでトップに上り詰めたところで、たかだが3,000万〜5,000万程度しか稼げないという事が分かります。

では、私が2年半前までやっていたネットビジネスはどうでしょうか?

ネットビジネスも組織化して行っている会社もあるのでそういう所は省き、完全に個人でネットビジネスを行っている人のみ限定して言うと、私が知る限り最も稼いでいる人の年収は3億円でした。

ま、3億円でも充分に凄いですが、先ほど見たBNF氏やCIS氏の年収40億とか70億とかに比べると遥かに劣ります。

よって私があのままネットビジネスをがむしゃらに頑張っていたとしても年収3億が限界だという事です。ですから私はそれ以上稼げるトレードの世界に転向してきたのです。
(※一応私の目標は年間10億以上です)

では、何故こんなにもトレードというのは稼げてしまうのか?その理由をこれから述べたいと思います。

桁違いに稼げる理由その1:レバレッジをかけられるから

手持ち資金以上の金額を賭けてトレードできるので、そりゃ儲かります。

ここで、手持ち資金1,000万の人が、「レバレッジをかけない場合」と「かけた場合」の利益の違いを見てみます。(※ドル円が現在100円だとして計算)

【レバレッジをかけない場合】

手持ち資金1,000万なので1ロットの取引
100円→101円になった所で利確した場合、10万円
利益:10万円
【レバレッジ100倍の場合】

1,000万×100倍なので、100ロットの取引
100円→101円になった所で利確した場合、1,000万円
利益:1,000万

と、全く同じトレードをやっているのにレバレッジをかけるか、かけないかで利益額にこれだけの差がでます。

手持ち資金はどちらも同じ「1,000万」なのに、です。

これがレバレッジの凄さです。

これを仮に億の単位でトレードできる立場の人が、レバレッジ100倍をかけると更に巨額の利益を出す事が可能であることは自明の理だと思います。

但し、これは諸刃の剣であり、技術力不足・経験不足の人が使えば損失もデカくなり一瞬で破産できます。

何故なら、当然ですがレバレッジは成功した場合の利益は大きいですが失敗した場合の損失も大きくなるからです。リスクとリターンの倍率は同じです。

要するに、上手な人がレバレッジを使うと突き抜ける事が出来ますし、桁違いな金額を稼ぐ事ができますが、下手な人がレバレッジを使うと一瞬で資金を溶かすだけです。

 

自分に確信があるトレードなら、勇気を出して、フルレバレッジを賭け、勝負すること

 

ですからまずはトレード技術を身につける事にフォーカスした方が良いですね。

トレードにはこのレバレッジがあるので、技術さえ身に付けてしまえば後から幾らでも稼ぐ事が出来ます。

桁違いに稼げる理由その2:コストがかからないから

通常の一般的なビジネスだと売上の増加に伴い、それに比例してコストが増えていくものです。規模が大きくなればなるほど追加設備投資や人材増員、オフィス増床等が必要になってきます。

また、個人でやっているネットビジネスなんかだと売上の増加に伴いコストが増えていくのは一般的なビジネスに比べて低いとは言え、やっぱり多少は増えます。

またサーバー代やメール配信システム代など微々たる金額ですが、毎月掛かっているコストもあります。

ですが、トレードは売上がいくら増えようがコストは増えず、一切の維持コストが掛かりません。

最初のトレードPCを購入した時点でコストに関しては全て終わりです。

ゆえに技術がありお金を増やせるようになった場合コストや負担が増えず売上だけが増加していくため利益としてのリターンは、その他職種と比べものにならない程大きくなります。

BNF氏のように年間70億稼ごうが、コストはゼロです。
(※もちろん電気代等は除いています、電気代等は全てのビジネスで掛かっていますから)

桁違いに稼げる理由その3:税制が有利だから

これもかなりのポイントです。

トレードで得た収益は一般的にキャピタルゲイン課税といって一律20%に設定されています。つまり1億稼ごうが100億稼ごうが一律20%です。

対してビジネス収益は累進課税制度となり、高額所得者になればなるほど税金で取られる形になります。その場合の最高税率は所得税45%・住民税10%の計55%です。

ここで年間1億円を「トレードで稼ぐ場合」と「ビジネスで稼ぐ場合」とで考えてみます。

まずトレードで年間1億稼いだ場合は一律20%なので、税金を2,000万払って手元には8,000万残ります。

対してビジネスで年間1億円稼いだ場合、最高税率の55%が課されます。実際には配偶者控除や基礎控除などの控除があるので多少は下がりますが、それでも50%は税金として取られます。

つまり1億円稼いでも手元には5,000万しか残りません。

【トレードで年間1億円稼いだ場合】

利益:1億円
税金:2,000万円
手元に残る金額:8,000万円
【ビジネスで年間1億円稼いだ場合】

利益:1億円
税金:5,000万
手元に残る金額:5,000万

同じ1億円稼いでいるのに、どの手段で稼いだかによって手元に残る金額はまるで違います。

一方は8,000万残り、一方は5,000万しか残りません。

その差、3,000万です。

これはかなりデカイです。

翌年に使える金額の差が3,000万もあれば、それを投資元本に組み入れていく事で複利でどんどん取り扱い金額を大きくしていく事が可能になりますので、将来的に莫大な金額を稼げるようになります。

また手元に残る金額それ自体で見てみても将来大きな差が出てきます。

年間1億円の収入を10年続ければ、トレーダーとビジネスマンの資産額の違いは単純に貯金した場合でも【3億円の差】になり、20年続ければ【6億円の差】になります。

つまり、同じ「年収1億円」でも富の蓄積にかなりの違いが出ます。

しかもトレーダーはその差額である3,000万を更に複利で増やしてく事ができますから、実際は10年3億の差どころじゃなくなります。

もし仮にその3,000万を毎年長期投資用に回し、年利5%で複利運用した場合、

・1年で3,150万の差
・10年で3億9,000万の差
・20年で10億円の差

の差となり、年利10%の場合、

・10年で5億円の差
・20年で19億円の差

の差となり、同じ年収1億円を稼いでいるのに、とんでもない資産額の差が表れる事になります。

よって桁違いな金額を稼ぐという事だけではなく、「資産家になりたい」という人にとってもトレーダーという職業は向いている事が分かります。

もちろんキャピタルゲイン課税が無税の国であるドバイやシンガポール等に移住すれば上記の計算よりも更に莫大なキャッシュが手元に残ります。

また余談ですが、BNF氏が爆発的に資産を増やせた要因の1つとして、2003年から2013年まで行われたキャピタルゲイン課税の軽減税率適用(20%→10%)も挙げられています。(※もちろんトレード技術が神レベルだった事は言うまでもありません)

最強の理由その2:完全個人で完結する

私のように仕事上で人間と絡むのが大嫌いでストレスに感じる人にとっては最強の魅力だと思います。

トレーダーは一切の人間関係から解放されます。

個人プレーと考えられがちなネットビジネスですら実は完全個人では完結していません。

これは私の場合だけかもしれませんが、サーバー関係やデザイン関係を外注していましたので、少なからず人間関係はありましたし(そうは言っても全てチャットワークやSkypeでのやり取りですが)、第一に商品を買ってくれるお客さんがいなければネットビジネスと言えども商売が成り立ちませんので、この点から見ても完全個人で完結しません。

ですがトレードにはお客さんはいませんし、何か外注する事もありませんので、全ての事が個人で完結する事ができます。

また大きく稼げるようになっても人を雇う必要もなく1人で10億とか20億稼げてしまいます。どれだけ稼ごうがずっと1人で出来てしまうのは私にとってかなりの魅力です。

最強の理由その3:作業を一切しなくて良い

トレードは一切の作業不要で、ちゃんと勉強して技術を身につける事さえ出来れば、クリック1つで

「莫大な金額を稼ぐ事ができる」

最強の職業です。

アフィリエイト等に代表されるネットビジネスは、いくら勉強してそのビジネスの概要や本質が分かった所で猛烈に作業をしないと1円にもなりませんが、トレードは勉強してトレード技術を身につければあとはクリックして注文を発注するだけです。

ネットビジネスだと、

・勉強 → 猛烈な作業 → 収益発生

となりますが、これがトレードだと

・勉強 → 収益発生

となり、勉強して相場への理解を深めトレード技術を身に付けてしまえば、あとはやる事はありません。

私は、ネットビジネスで年収3,000万程度を4年間ほど継続していましたが、最初の数ヶ月は1日12時間の作業や勉強を毎日毎日ずっとやり続けておりました。

私は幸いにも当時借金まみれでにっちもさっちもいかなくなっており、何が何でもやるしかないという状態だったので死に物狂いで毎日作業に&勉強に没頭する事が出来ましたが、ある程度生活に満足感を抱えている人であれば途中で挫折すると思います。

実際にネットビジネスに参入してくる人はかなり多いですが、この作業が大変過ぎて、かつ収益が出るまでに一定期間を要するので諦めていく人が後を絶ちません。

ですので、一切の作業が発生しないトレードというビジネスはかなり魅力があると言えます。

最強の理由その4:1億稼ごうが100億稼ごうが労力は一切変わらない

FXは結局の所、

・pips×ロット

ですから、大きな金額を稼ごうと思った時にロットを上げれば良いだけです。

そこに何の労力も発生しません。

つまり1億稼ぐもの100億稼ぐのも全く同じであり、キーボードへの入力回数が幾分増えるだけです。

FXの場合、キーボードに1ロットと打つのか、10ロットと打つのか、100ロットと打つのか、ただそれだけの違いでありテンキーの数字が増えるだけです。

「年間数十億稼ぐBNF氏やCIS氏」と「年間数万しか稼げない普通のトレーダー」とでは利益の額は違えど、テンキーの数字入力以外、やっていることは全く同じです。

BNF氏やCIS氏の方が数十億稼いでいるので、その分労力もかかって大変だ、なんて事はないのです。

ですので、トレード技術を身に付け資金が増えてくれば、

「労力を一切増やすことなく桁違いの金額を稼ぐ事が出来てしまう」

という夢のような職業である事が分かります。

こんな事は通常のビジネスではあり得ません。

通常大きな金額を稼ぐようになると、人を雇ったりオフィスを増床したりするので、固定費もそれに比例して増えていき労力もかかるようになりますが、いくら稼いでもその労力がかかるようにならないのがトレードという職業です。

まとめ

トレードが最強だと思う理由を何個か書いてきました。

一応最後に纏めておくと、

理由その1:稼げる金額が桁違い
-桁違いに稼げる理由その①:レバレッジをかけられるから
-桁違いに稼げる理由その②:コストがかからないから
-桁違いに稼げる理由その③:税制が有利だから
理由その2:完全個人で完結する
理由その3:作業を一切しなくて良い
理由その4:1億稼ごうが100億稼ごうが労力は一切変わらない

これはあくまでも私が思っている理由であり全ての人に当てはまるとは思えませんが、少なくとも私はここに書いている理由に魅力を感じ、ネットビジネスを一時的に辞めてまでトレーダーという世界に入ってきました。

ですので、私は当面の目標である、

「たった1人で年間10億以上稼げるようになる」

まで辞めませんし、それが出来るのがトレードだと思いますので精神的に苦しい事ばかりですが、これからも当たり前のようにPDCAサイクルを回しながら続けていきたいと思います。

いつかきっと年間10億以上稼げる日が来ると思いますが、その時はまたこのブログで報告したいと思います。

コメント