なぜFXは資金管理が重要なのか?【その理由を解説します】

資金管理

こんにちは100億円トレーダーです。

 

巷で資金管理が重要って聞くけど本当なの?よく分からないから教えて。ついでに資金管理の具体的方法も知りたいな

 

という疑問に答えます。

結論から言うと、「資金管理」はめちゃくちゃ重要です。

FXの世界では9割の人が負けて退場していくと言われていますが、退場していく理由第1位は「資金管理をしていない」ことです。

かくいう私も「資金管理」を無視した無茶なトレードを行い何度も資金を飛ばしています。

ですから、「資金管理」なくして、この相場の世界で稼ぎ続けていくことは不可能です。

勝ち負けを繰り返しながらもトータルでプラスになるような優位性のある売買ルール(=正の期待値を持つ売買ルール)を持っていたとしても、「資金管理」を怠ると、いずれ資金を溶かして退場します。

 

勝てるルールを持っているのに、資金を溶かして退場する?そんなことがあるの?

 

と今は信じられないかもしれませんが、この記事を読み進めていけばその理由がよく分かると思います。

逆に言うと、今負けている人でも「資金管理」をしっかり行えば、勝ちトレーダーになれる可能性が大いにありますので、しっかりと「資金管理」を身につけ勝ちトレーダーへの道を共に歩んでいきましょう。

資金管理とは?

資金管理とは簡単に言うと、「1回のトレードでどれだけの損失までなら許容できるのか?」ということを自身で決めて、その通りに実行・管理していくということです。

例えば投資元本が100万円だった場合、

【資金管理1%の場合】
1回のトレードにおける損失許容額は最大1万円
=100回連続で負けられる
【資金管理2%の場合】
1回のトレードにおける損失許容額は最大2万円
=50回連続で負けられる
【資金管理5%の場合】
1回のトレードにおける損失許容額は最大5万円
=20回連続負けられる
【資金管理50%の場合】
1回のトレードにおける損失許容額は最大50万円
=2回負けただけで退場

となり、リスク許容度に応じて損失額は変わっていきます。

これを最初に決めるということです。

これを最初に決めるメリットは、「投資元本に対して1回のトレードあたりの最大損失許容額」が予め分かるので、トレードを行う前から損失額を把握できるということです。

例えば「資金管理2%ルール」の場合、損失は常に最大で2%ですから、

✔️投資元本が100万円の人は1回の取引で負けても良いのは2万円まで
✔️10万円の人なら2,000円まで

ということになります。

ですから、あとはその損失許容額の範囲内に収まるようにロット調整を毎回してばいいだけ、ということになります。

一般的には「2%」が適正だと言われていますが、どれだけリスクを取れるか?は各々違いますから各個人で決めればいいと私は思います。

ですが、トレードで長く稼ぎ続けていくためには「最大でも5%まで」にしておいた方が良いでしょう。

なぜか?

その理由をこれからお話していきます。

資金管理を怠り資金を溶かして退場する2つの要因

単純にリスクの取り過ぎ

1つ目の要因は「リスクの取り過ぎ」です。

投資元本100万に対して、例えば【資金管理50%ルール】を適用した場合、2回負けただけで退場させられてしまいます。

【資金管理50%ルール】とは、1回のトレードで50万失うかもしれないリスクを背負うということです。

確かに、勝てば一気に資産を増やすことができますが、その反面、負けたときは一瞬で資金を失います。

これだと「どんなに優れた売買ルールを持っていたとしても即効で退場」させられてしまいます。

なぜなら、どんなに優れた売買ルールを持ちトータルで利益が出るとしても、一回一回の勝ち負けはランダムであり、ある程度のトレード回数を重ねなければその確率に収斂してこないからです。

リスクを取り過ぎて「1トレードあたりの損失許容額」を増やしていると、その確率に収斂してくる前に資金を失い、もう勝負できなくなります。

つまり、せっかく「勝ち負けを繰り返しながらもトータルでプラスになるような売買ルール(=正の期待値を持つ売買ルール)」を持っていても、たった1回とか2回の負けで資金を溶かしてしまえば、勝てるゲームも勝てなくなってしまうということです。

例えば、「勝率6割&リスクリワード1:2」の売買ルールがあるとします。

投資元本が100万、資金管理2%ルール(=1回あたりの損失許容額は2万)で100回トレードを行った場合、

【勝ちの合計額】
60回×4万=240万

【負けの合計額】
40回×2万=80万

【差し引きトータルの利益】
+160万

となり、このルール通りにトレードを行うと、理論上はやればやるほど儲かります。

ですが、ここでのポイントはいくら勝率6割でも、最低でも100回くらいはトレードしないとその確率に収斂してこないということです(統計学的には300回と言われています)。

10回程度のトレードだとかなり偏りが生まれます。

勝ち、負け、負け、勝ち、勝ち、勝ち、勝ち、負け、負け、勝ち

というように10回のトレードでも綺麗に「勝ち6回・負け4回」と出てくれれば良いですが、実際はこうなりません。

勝ち、負け、負け、負け、負け、負け、勝ち、勝ち、負け、負け

というように、たかだか10回程度のトレードだと、「勝ち3回・負け7回」になり、勝率6割という確率に全くもって収斂してきません。

よって更に回数を重ねていく必要がありますが、ここでリスクを取り過ぎていると連敗期が来た時に一気に資金を溶かしてしまい、次の勝負に賭けられなくなります。

リスクの取りようによっては、上記例の5連敗のときに全資産を失うかもしれません。

こうなってしまうとせっかく長期的に続けていれば勝てるゲームに参加しているのに、資金を失ったばかりに退場せざるを得ないという残念な結果になってしまいます。

ですから、こういったことを無くす為にも、最低でも100回くらいの取引に耐えられる程度の損失許容額(資金管理)を設定しておかなければなりません。

これが、どんなに優れた売買ルール(=正の期待値を持つ売買ルール)を持っていたとしても、「資金管理」を怠るといずれ資金を溶かして退場してしまうカラクリです。

トレードとは、損失を最小限に抑えながら、長期的に利益を積み重ねていきトータルで勝つゲームです。

決して一発逆転・一攫千金を狙ってするものではありませんから、

 

この1回のトレードで爆益を稼ぐぞ!

 

と考え、リスクを取り過ぎるのは「愚か者」がすることであり、いずれ必ず退場することになってしまいます。

リスクは取り過ぎていないが損切りできずに損失拡大

2つ目の要因は、資金管理ルールを決めており1トレードあたりの適正リスクもちゃんと出来ているのに、「損切り」できずに損失がどんどん拡大し退場していくパターンです。

【悲報】FXで損切りできない人はいずれ退場(大損)する運命なのでさっさと辞めた方がいいの記事でも書きましたが、損切りできないならトレードはしない方がいいです。

遅かれ早かれ「資金を溶かして退場」するだけなので、

 

最初からFXなんてしなければ良かった…トホホ。。

 

という状態になることは分かりきっているからです。

資金管理において重要なのは、

1:過度なリスクを取らないこと(これはもう先ほど説明済み)
2:損切りを必ず行うこと

の2つなのですが、資金管理ルールを作っても「損切り」ができないのであれば何の意味もありません。

トレードとはトータルで勝つものであり1回1回の勝敗にはあまり意味はありません。

1回1回の勝ち負けではなく、優位性のあるトレードを続けたときにトータルで利益になるかどうか?の方が100倍大事です。

1回1回の結果は分かりません。

勝つこともあれば負けることもあります。

次に勝つか負けるかも分かりませんし、分かる必要もありません。

ですが、「回数を重ねていけばトータルで勝つのは分かっている」という売買ルールのもとトレードをしていくのですから、必要な時にしっかりと損切りしなければトータルで勝てるゲームも勝てなくなります。

先ほどの例で言うと、

勝ち、負け、負け、勝ち、勝ち、勝ち、勝ち、負け、負け、勝ち

負けの時にしっかりと損切りして「損失を最小限に抑えている」からこそ、回数を重ねたときにトータルで勝てるようになるのです。

それが、

勝ち、大負け(損切りせずに損失拡大)、大負け(損切りせずに損失拡大)、勝ち

などをやっていると、損失額だけが膨らみトータルで勝てるものも勝てなくなります。

資金を溶かして退場まではいかなかったとしても負けの額が膨らんでメンタルが崩壊、その結果、感情的で根拠のないトレードをしてしまうかもしれません。

また場合によっては、

勝ち→大負け(損切りせずに損失拡大)→大負け(損切りせずに損失拡大)→破産

ということにもなりかねません。

ですからトータルで利益を出すために損切りを必ず行い、損失を最小限に抑えていくということを心がけてください。

トレードでは何よりも勝つまえに、「大損して退場しないこと」がとても大事です。

資金管理の具体的方法

1回のトレードでどれだけの損失を許容するのか?を決める

これは非常に簡単です。

今回の記事を参考にして、「1トレードあたり最大でどれだけの損失までなら許容できるのか?」を決めるだけです。

1%なのか、2%なのか、5%なのか、ご自身で決めてください(一般的には2%が適正と言われています。)。

ちなみに私は、

✔️ハイレバ一攫千金用口座
✔️資金管理を行いコツコツ増やす通常口座

を分けていますが、

✔️ハイレバ一攫千金用口座 = 資金管理30%ルール(3回負けたら終わり)
✔️資金管理を行いコツコツ増やす通常口座 = 資金管理2%ルール(50回負けられる)

でやっています。

最初から最大損失額は分かりきっているので、負けても「損切り」しないなんてことは絶対にありません。その損失額は想定済みであり、トレードに望む前にリスクは受け入れています。

あとは、勝ち負けを繰り返しながらも回数を重ねればトータルでプラスになるような優位性のある売買ルール(=正の期待値を持つ売買ルール)をひたすら繰り返していくだけです。

勝てばロット数を増やす、負ければロット数を減らす

これも資金管理の鉄則です。

例えば、投資元本100万で資金管理2%、リスクリワード1:2のトレードをしていくとします。

勝てば「4万円の利益」、負ければ「2万円の損失」です。

つまり、勝てば投資元本は104万に増え、負ければ98万に減ります。

勝った場合、104万に対して資金管理2%ルールを適用します。

その場合、

✔️損失許容額:20,800円
✔️想定リターン額:41,600円

となります。

損切りラインまでのpipsが前回トレードと同じだと仮定すれば、ロット数は必然的に少し増えるはずです。

反対に負ければ投資元本は98万になっているので、98万に対して資金管理2%ルールを適用します。

その場合、

✔️損失許容額:19,600円
✔️想定リターン額:39,200円

となります。

これまた損切りラインまでのpipsが前回トレードと同じだと仮定すれば、ロット数は少し減るはずです。

あとはこれを繰り返し、投資元本に対して常に最大損失額が2%になるようにロット数を調整していきます。

瞬時に2%ルールを計算するエクセルシートはこのサイトからダウンロードください。

余談ですが、サラリーマンやトレード以外の収入がある方は、毎月数万円ずつでもよいから投資元本に追加していってください。そしてその増えた分、ロット数を増やしてトレードしてください。

これをやると複利の効果でどんどん資産が膨らんでいくのが分かると思います。

なお、絶対にやってはいけないのが、負けた後にその負けを取り戻そうと感情的になり、前回よりもロット数を増やすことです。

負けて投資元本が減ったのなら、当然ロット数は減らすべきです。

なぜなら次のトレードで「勝てる保証」はどこにもありませんし、だいたいそういう時に限ってまた負けるからです。

こうなった場合、多くの負け組トレーダーがやることは、その負けを取り返すために更にロット数を増やしてトレードすることです。

「複利で負けを増やしている」だけであり、こういうことをしている限り負けが負けを呼び遅かれ早かれ資金を飛ばして退場します。

ですので、「勝てばロット数を増やし、負ければロット数を減らす」というルールを必ず守るようにしてください。

これをしっかり守るだけでトレードの成績は劇的に変わるはずです。

まとめ

「資金管理」がいかに重要か分かったはずです。

資金管理というと中々イメージしにくいですが、簡単に言うと、

①1トレードあたり最大でどれだけの損失までなら許容できるのか?を決める
②決めた「損失許容額」の範囲内でロット数をトレード毎に変更する
③勝てばロット数を増やし、負ければロット数を減らす
④過度なリスクは取らない(いずれ破産することは明らか)
⑤損切りは必ずおこなう

という5つのことをやるだけです。

どれだけ優位性の高い売買ルールを持っていたとしても、何度も言うように「資金管理」を怠ると資金を溶かして退場させられます。

今負けているトレーダーも、それって実は手法とか売買ルールのせいではなくて「資金管理」をしっかり行っていないから負けているのかもしれません。

是非、今回の記事を参考にご自身の「資金管理」を今一度見直し、改善できるところがあれば改善していってください。

また、今まで全く「資金管理」をしてこず、適当にロット数を決めてトレードしてきた人はこれを機に「1トレードあたり最大でどれだけの損失までなら許容できるのか?」を決め、その通りに実行・管理していってみてください。

驚くほど負けないようになり、この厳しい相場の世界で生き残っていくことができるようになると思います。

いかに大衆が散っていくところを踏みとどまれるか?が勝負であり、その踏みとどまった少数の人の元に大金が流れてきます。

ですから、手っ取り早く大金を手にしたいという欲望を一旦捨て「長く生き残る」ということにシフトしていってください。

5年・10年後を見たときにとてつもない資産額になっていることをお約束します。

コメント