【FX】多くの人がよく負けるトレードパターン3選の紹介とその対策法を詳しく解説しました

FX初心者向け

こんにちは、100億円トレーダーです。
(※顔写真付きの詳しいプロフィールはこちら

以前、ツイッターで発言したこちら↓

今回はこのツイートを深掘りして解説していこうと思います。

Twitterの文字数制限のために端折っていますが、ただしくは、

  1. (上位足が上昇トレンド中の)ダブルトップネックライン割れ売り
  2. (上位足が上昇トレンド中の)三尊ネックライン割れ売り
  3. 上位足サポートライン間近での売り

です。

特に、

  1. (上位足が上昇トレンド中の)ダブルトップネックライン割れ売り
  2. (上位足が上昇トレンド中の)三尊ネックライン割れ売り

についてはFX初心者によくありがちな負けパターンですので本記事を読んで学習し、今後このようなパターンで負けないようにしましょう。

この2パターンで負けないようになれば、とりあえず初心者からは脱したと言えるでしょう。

 

逆にこの2パターンで負けているうちは、いくらFX歴が長くても技術的にはまだ初心者レベルだということです

 

では、

「多くの人がよく負けるトレードパターン3つとその対策法」

を詳しく解説していきます。

多くの人がよく負けるトレードパターン3選

まずは、多くの人がよく負けるトレードパターン3つを紹介していきます。

この3つです。

では、1つずつ見ていきましょう。

※補足:

なお、

1.(上位足が下降トレンド中の)ダブルボトムネックライン超え買い
2.(上位足が下降トレンド中の)逆三尊ネックライン超え買い
3.上位足レジスタンスライン間近での買い

も上下逆さまにしただけで、負ける原理は全く同じです。

1.ダブルトップネックライン割れ売り

まず1つ目は、

「(上位足が上昇トレンド中の)ダブルトップネックライン割れ売り」

です。

これは、ダブルトップ・ダブルボトムなどのチャートパターンを覚え始めたトレード初心者にありがちな負けトレードパターンです。

 

チャートパターンはある程度覚えたけど、まだチャートパターンと上位足との関係の把握まではできない、もしくは上位足との関係を把握しなければならないことを知らない人に起こる負けパターンですね

 

具体的には、

①ダブルトップが出現したので教科書通りにネックライン割れで売ったら↓

②売りエントリーした瞬間に逆行して損切りになった↓

という感じです。

これがなぜ負けやすいパターンかというと、上位足では完全に上昇トレンド中なので、いくら下位足でダブルトップを形成しネックラインを割ってきたとしても、下げてきたところは上位足の押し目買い勢力による買い圧力に飲み込まれてしまうからです。

ダブルトップネックライン割れで売りというのは多くのFXサイトで言われていることなので初心者の方がこの形が出た時に売ってしまうのも無理はないですが、チャートパターンというのは形そのものではなく、

「上位足のどこでその形が出ているか?」

が重要です。

上位足が上昇トレンド中ということは、上位足レベルで

 

押してきたら買いたい

 

と思っているトレーダーが虎視眈々と買いを狙っている状態であり、かつ「上がる」と思っているトレーダーの方が「下がる」と思っているトレーダーよりも多いため、買い圧力が非常に強い状態です。

ですので、いくら下位足でダブルトップを形成しネックラインを割って一時的に下げたしても、下げれば上位足の押し目買い勢力によって買われてしまうので、そのまま下げていく可能性は極めて低いです。

▼概念図

▼実チャート

 

上位足トレンドの波が下位足を支配していますので、いくら下位足でダブルトップを形成しネックラインを割ってきたとしても上位足が上昇トレンドの場合その波に飲み込まれてしまう可能性の方が高いですよ

 

このように、ダブルトップネックライン割れが有効に機能するかどうかは

「上位足のどこでダブルトップの形が出ているのか?」

にかかっているので、ある時間軸で形成されたダブルトップの形だけを見てもそれが有効に機能するかどうかは判断できないのです。

ダブルトップネックライン割れ=売り!と短絡的に判断するのではなく、

「上位足のどこでダブルトップの形が出ているか?」

を把握する訓練をしましょう。

この辺については、ダブルトップ/ダブルボトムのだましを回避する本当の方法【他のFXサイトを見て勉強しても無意味です】の記事で詳しく解説しているので、ダブルトップネックライン割れで売ってしまってよく負けるという方は是非勉強してください。

 

 

ネット上の多くの偽物トレーダー達が、

 

「ダブルトップネックライン割れが有効に機能するかは上位足相場環境による」

 

というのを一切解説していないため多くの初心者が騙されてしまうのも無理はないですね。

 

ダブルトップネックライン割れのみならずチャートに起こる全ての事象は上位足相場環境によりますので、そのことを言及してないトレーダーは【偽物】と断定した方がご自身のためです

 

2.三尊ネックライン割れ売り

次によく負けるパターンが、

「(上位足が上昇トレンド中の)三尊ネックライン割れ売り」

です。

先ほど説明したダブルトップネックライン割れで売りのケースと理屈は全く同じです。

具体的には、

①三尊が出現したので教科書通りにネックライン割れで売ったら↓

②売りエントリーした瞬間に逆行して損切りになった↓

というパターンです。

 

これもチャートパターンを覚えたての初心者にありがちな頻出負けパターンですね

 

なぜ三尊ネックライン割れでの売りが負けやすいかは先ほどのダブルトップの章で説明した原理と全く同じですのでここでは割愛しますが、三尊についてはTwitterで何度か呟いているので参考になるものを貼っておきます。

より深く理解したいという方は、【FX】三尊ネックライン割れのだましを回避する方法を徹底解説の記事をご覧ください。

 

 

 

上記記事では「勝率の高い三尊3つ」も載せていますので、是非ご覧ください

 

3.上位足サポートライン間近での売り

これもよく負けるパターンです。

具体的にいうと、

①トレード足で売れそうな良い形が出てきたので売ったら↓

②売りエントリーした瞬間に逆行して損切りになった↓

というパターンです。

 

初心者を脱した中級者の方に多いです。エントリー添削サービスで一番多いのはこのパターンの負けトレードです

 

下記のTwitterでも呟いていますが↓

いくらトレード足(=下位足)で良い売りの形が出現したとしてもその近くに上位足レベルのサポートラインがある場合、そのサポートライン直上には上位足からの大量の買い注文が溜まっているのが相場の原理原則ですから、その買い圧力に負けて損切りになることがほとんどです。

これは、

  • サポートライン直上には大量の買い注文が溜まっている
  • レジスタンスライン直下には大量の売り注文が溜まっている

という相場の原理原則(=セオリー・法則)を知っていれば防げるものなので、この原理原則を知らなかったという方はこの機会に必ず覚えましょう。

とは言え、この3.のケースも上位足の押し目買い勢力による買い注文がサポートライン直上に溜まっていることを把握できていない(=つまり上位足相場環境を把握できていない)ということが根本的な原因なので、結局は先ほど説明した、

1.(上位足が上昇トレンド中の)ダブルトップネックライン割れ売り
2.(上位足が上昇トレンド中の)三尊ネックライン割れ売り

で負けてしまう理屈と根本的には同じです。

つまり、本記事でお伝えしている「よく負けてしまうトレードパターン3選」の負けの原因は突き詰めると全て、【上位足相場環境を把握できていない】ことにあるのです。

負けパターン3選を回避するにはどうしたら良いのか?

よく負けてしまうトレードパターン3つが分かったところで、これらの負けパターンを回避するためにどうすればよいのかを解説していきます。

つい先ほど、

「よく負けてしまうトレードパターン3選の負けの原因は上位足相場環境を把握できていないことにある」

とお伝えしました。

つまり、これらの負けを回避するには「上位足相場環境を把握する技能を身に付ける」というのがたった一つの答えです。

 

自分のトレード足(のチャートパターン)だけ見ていても意味がなく、

 

「そのトレード足の今が上位足ではどういう位置づけになっているか」

 

の把握ができないと一生勝てるようになりませんよ

 

上位足相場環境を把握する能力があれば、自分のトレード足でダブルトップが形成されネックラインを割ってきそうな展開になっても、

 

ダブルトップ形成でネックラインを割ってきそうだ!よしネックラインを割ってきたら売りだ!

 

という安易な判断ではなく、

 

確かにネックラインを割れば一瞬は下がるかもしれないけど、上位足は上昇トレンド中だから下げてきたところは上位足からの押し目買いが入ってくるので下げ続ける優位性は低いな。だからこのネックライン割れで売るのは辞めておこう

 

というプロの判断ができるようになります。
(※勝てない人・ FX初心者はこれができないから負けます)

トレードは上位足の相場環境を把握するのが8割9割を占めますから、上位足相場環境の把握ができるかどうかが、勝ち組トレーダーになるか負け組トレーダーになるかの分水嶺となります。

では、具体的にどうすれば上位足相場環境を把握する能力を身に付けることができるのか?ということですが、上位足相場環境の把握はトレードに必要な知識・技術の全てなので、一朝一夕で身につけられるような簡単なものではありません。

ご自身で勉強し、チャートをたくさん見てトレード経験を積み、数多の失敗を繰り返しながら改善・修正していくことで段々と身に付いてくるものなので、ご自身でいろいろと試行錯誤していく時間と労力が必要とです。

とは言え、「基本的な上位足相場環境の把握方法」を知らない状態でチャートを見てもちんぷんかんぷんなだけで何も学べませんから、まずは基本的な上位足相場環境の把握方法を知識として頭にインプットすることが先決です。

まだ基本から学ぶ段階の方は、こちらのPDFレポート(全174P:無料)で、

「基本的な上位足相場環境の把握方法」

をFX初心者でも分かるよう豊富なチャート事例を用いて懇切丁寧に解説していますので是非そちらを読んで理解してもらいたいと思います。

 

ボリュームが多くかなり読み応えのある内容が現時点では【完全無料】で読めるのでこの機会にぜひご覧ください

 

このPDFレポートを読めば、基本的な上位足相場環境の把握方法が分かるので、

  • どのような上位足相場環境の時に形成されたダブルトップはネックライン割れで売ってもいいのか?
  • 逆にどのような時はダブルトップネックライン割れで売ってはいけないのか?

などが理解できるようになります。

すでに読んでくれた方からの感想からも分かる通り↓↓↓

手前味噌ながらかなり高評価をいただいているレポートですので、基本的な上位足相場環境の把握方法を知りたい方はぜひ手に取ってみてください。

また、FXの環境認識を正確に行うための3ステップを徹底解説【環境認識のコツを教えます】という記事でも上位足相場環境の把握方法についてかなり詳しく解説していますので、そちらもあわせてご覧ください。

 

多くの人がよく負けるトレードパターンまとめ

今回は多くの人がよく負けるトレーダーパターン3選を紹介してきました。

以下の3つでしたね。

上位足相場環境を一切無視して、トレード足で出現したダブルトップや三尊の形だけを見てネックライン割れでエントリーする人は大変多いですが、

『ネックライン割れでの売りが有効に機能するかどうかは上位足の相場環境次第』

であり、そこを無視してダブルトップや三尊の形だけで判断しても全く意味がありません。

多くのFXサイトや書籍で、ダブルトップや三尊が現れた時の上位足相場環境の把握については一切触れられず、

  • ダブルトップのネックライン割れは売り!
  • 三尊のネックライン割れは売り!

という圧倒的に大味で雑な解説がなされているので初心者の方が勘違いするのも無理はないですが、ダブルトップや三尊ネックライン割れでの売りエントリーが機能するかどうかは、ダブルトップや三尊の形そのものよりも、

「それが形成された時の上位足相場環境がどのような状態なのか?」

によるので、上位足相場環境を無視した状態で形だけを判断してエントリーしてはいけないと今回の記事で学んでいただけたと思います。

今後はダブルトップや三尊が形成されたからといってすぐにネックライン割れで売ろうとせずに、その時の上位足相場環境がどのような局面なのかを把握するようにしてください。

そうすることで無駄な負けが減り、トータルプラスへの道が開けてくるかなと思います。

それでは!

コメント