【リアルトレード】ポンド円(2020.6.10)日足レベルの押し目形成の下落を獲りにいったトレード

リアルトレード

こんにちは、100億円トレーダーです。
(※詳しいプロフィールはこちら

2020年6月10日のポンド円(GBP/JPY)のトレードについて、上位足相場環境の把握からトレード足への落とし込み、仕掛け・決済までを簡単に見ていきたいと思います。

 

前回のポンド円のトレードとは違い、今回は1時間足レベルのトレードとなりますので、15分足の解説はありません

 

では、日足から順に見ていきます。

日足

日足は上昇トレンド中(青線)です。

また、週足で見ても上昇トレンド中(赤線)であり、基本的な目線は上となります。

が、

これまでの一気の上昇で抵抗帯&日足・週足レベルの下降トレンドラインに到達、かつ日足MAからもかなり乖離しており、これまでの上昇で買いポジションを持っていたトレーダー達の手仕舞いの売り注文が出てきている状況です。

■上値が重い理由

今回のトレードは、その手仕舞いの売り注文の流れに乗り、日足MAまでの乖離を埋めるグランビルの法則を利用したトレードとなります。

 

要するに、日足レベルの押し目形成の為の下落を獲りにいったトレードとなりますね

 

4時間足

4時間足も押し安値を割っていないため、上昇トレンド中です。

とは言え、上昇中の4時間足MAをレートが一気に下抜け、そして今度は上からレートを押さえてこようかという局面ですので、買い圧力はかなり弱っており、下げ方向の優位性が高いと言えます。

 

4時間足レベルでトレンド転換してくるかどうかという局面ですね

 

4時間足レベルで押し安値を割っていませんので、下記チャートの□部分から4時間足レベルの押し目買いとして一旦買われています。

が、

その買い勢いは弱く、前回高値に全く到達することなく直近安値ライン&4時間足MAに頭を抑えられ高値を切り下げてきていますので、売り圧力が相当強いことがチャートから読み取ることができます。

高値切り下げるとはどういう意味か?

高値を切り下げてくるとは、「買い勢力」よりも「売り勢力」の方が強いという相場からの合図です。

トレードは強い勢力にコバンザメのようについていくことが勝つ為の秘訣ですから、この場合、「売り勢力」についていく方が勝てる確率が高いと言えます。

また、レートと4時間足MAとの関係を見ても、レートがMAを一旦下抜けてのワンクッショングランビル第3波でもあり、

 

移動平均線付近までレートが戻ってきたら売りたい

 

と考える勢力が多くなるので、売りに対してかなり優位性が高いと言えます。

①これまでの上昇で買いポジションを持っていたトレーダーの利益確定の売り注文
②ヘッドアンドショルダーのネックラインから買っていたトレーダーの損切りの売り注文
③4時間足レベルのトレンド転換を見込んだ新規の売り注文

の3つの売り注文が集中するポイントになりますので、それなりの値幅を獲れる局面となります。

 

ちなみに、4時間足の押し安値を割っていない為、押し安値を割ってくるまでは上昇トレンド継続となります。ですので、押し安値付近で買ってくる勢力が現れる可能性がありますのでここを割ってくるまではチャートをしっかりと監視しておく必要があります

 

更に、下記チャートのように、高値圏でのヘッドアンドショルダー(三尊)が発生していますので、ネックライン(=黒い太線)を割ってくると、大量の売り注文を巻き込み、下げていく可能性が高いことが分かります。

 

ヘッドアンドショルダーズ(三尊)が形作られるその大衆心理が分かっていないと、ヘッドアンドショルダーズの形だけ覚えても勝てません。ヘッドアンドショルダーズが形作られる心理については、ヘッドアンドショルダー(三尊)が形成される投資家心理を詳しく解説【ここまで理解していないと勝てない】の記事をご覧ください

 

1時間足

そのような上位足相場環境の中、4時間足レベルの高値切り下げポイントの中で1時間足レベルのWトップを形成してこようかという局面になりましたので、トレンド継続が確定するネックライン割れに売り注文を仕掛けました(ピンクの矢印)。

 

1時間足レベルでは、1時間足の押し安値を割った上に更に高値切り下げ・安値更新をしてきていますので下降トレンド中となります。下降トレンド中ということは、『下げ方向に優位性がある』ということです

 

なお、今回のトレードは4時間足レベルの第3波を、1時間足レベル第1波から獲りにいったトレードとなります。

 

この辺の各時間軸の波の把握=相場のフラクタル構造が分からないうちは安定して勝ち続けられないと思っておいた方が良いでしょう

 

また、4時間足と1時間足の移動平均線同士の関係を見ても、1時間足MAが4時間足MAに対して収束から拡散するポイントでもあり、1時間足の根っこから獲れることになりますのでそれなりのリワードは見込める局面となります。

結果

1回目の利益確定ポイント

注文が入った後は、スムーズにレートが伸びてくれたので、まず半分のポジションを

・1時間足レベルのチャネルライン下限に到達
・4時間足レベルで引ける上昇トレンドラインに到達

で決済しました。

■4時間足で見るとこの辺りです

2回目の利益確定ポイント

残り半分は、1時間足レベルでどこまで伸ばせるか見ていましたが、引き下げていた決済ラインに即効で引っかかり、そこで全決済となりました。

 

日足MAタッチでいきなり急反発してきました。ちょっと吐き出しが多かったですね

 

■今回のトレードの決済ポイントまとめ

ということで今回のリアルトレード解説は以上となります。

何か参考になれば幸いです。

なお、私のトレード手法の全てはこちらのマニュアル(PDF127ページ)に記載していますのでトレンドフォローで安定して勝ち続けたい方は是非手に入れておいてください。

また、私から直接マンツーマンコンサルティングを受けたい方は、

個別エントリー添削サービス

というオンラインメールコンサルティングを提供していますので、是非お受けになってみてください。

3ヶ月くらい真剣に私のマンツーマン添削を受ければ、見違えるほどトレード成績が向上していくことは間違いありません。

マンツーマン添削を受けている生徒さんからの感想はこちらから見れます。

FXで勝てなくて苦しんでいるトレーダーの方へ

稼ごうと思って始めたFXなのに、思うように勝てずに苦しんでいませんか?

このレポートでは、

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

などを全129ページに渡り豊富なチャート事例を用いて具体的に解説しています。

読んだその日から即実践できる超具体的な内容に仕上げましたので、今すぐ読んでいただき是非明日からのトレードのスキル向上にお役立てください。

リアルトレード
100億円トレーダーをフォローする
100億円トレーダーになるまで

コメント