【リアルトレード】ポンド円(2020.5.12)日足レベルの第3波(4時間足第1波&第3波)を獲りにいったトレード

リアルトレード

こんにちは、100億円トレーダーです。
(※詳しいプロフィールはこちら

2020年5月12日のポンド円(GBP/JPY)のトレードについて、上位足相場環境の把握からトレード足への落とし込み、仕掛け・決済までを簡単に見ていきたいと思います。

 

今回も1時間足レベルのトレードとなりますので、15分足の解説はありません

 

それでは日足から順に見ていきましょう。

日足

日足は既に下降トレンド中で、かつ下向きの日足移動平均線にもレートを抑えられてグランビル第3波を形成してこようかという局面です。

移動平均線が下向きということは?

移動平均線が下を向いて走っているということは、その期間内の終値の平均値がどんどん下がってきているということであり、「買うトレーダー」より「売るトレーダー」の方が多い状況が続いているということです。

だから平均値が下がってその結果移動平均線が下向きになっているのです。

買っている人より売っている人の方が多い状態なので、「売りポジションを持つこと」に優位性があると言えます。

移動平均線の本質について詳しく勉強したい方は、FXの移動平均線の本当の意味やその使い方をプロトレーダーが徹底解説【多くの人は分かっていない】をご覧ください。

つまり、日足レベルの第3波ということになります。

 

週足レベルの戻り売りエリアで、日足レベルの高値切り下げ・日足移動平均線下抜けからのワンクッショングランビルポイントですから、売りへの優位性がかなり高いことになります

 

4時間足

4時間足を見ると、日足レベルの高値切り下げポイント(赤線)の中で4時間足レベルでWトップを形成してこようかという局面です。

その4時間足レベルのWトップの右側のトップ内で中で更に1時間足レベルのWトップを形成してきましたのでそのネックライン割れに売り注文を仕掛けました(ピンク矢印部分:詳細チャートは1時間足参照)。

4時間足のダウを見ても、依然として4時間足レベルの戻り高値を超えていないため下降トレンド中であり、

・日足=下降トレンド
・4時間足=下降トレンド

と日足のトレーダーと4時間足のトレーダーの思惑方向が揃っているので、下方向への優位性が強いということが分かります。

更に、直近でレジスタンスされている(4時間足レベルのWトップを形成しているところ)ラインも過去の戻り高値のラインにレジスタンスされており、この明確なラインによってレートが押さえられたことで、相場は一旦これ以上の価格で取引することを拒否したことと同意となり、その後の反転・下落に対して非常に高い優位性をもつことになります。

イメージとしては、日足レベルの第3波の中の4時間足第1波からエントリーするイメージで、その後の4時間足第3波まで獲りにいくトレードとなります。

 

第2波で戻してくることは想定内なので、戻しきても決済はしません

 

1時間足

そのような相場環境の中、4時間足レベルのWトップ(赤線)の右側のトップ内で、1時間足で更にWトップ(青線)を築いてきました。

このWトップのネックラインを割ってくることで1時間足レベルで下降トレンドに転換してくることになるので、このネックライン割れに売り注文を仕掛けました(ピンク矢印)。

結果

注文が入った後はレートが伸びていきましたので、1時間足レベルで高値を切り下げるごとに決済ラインを移動させていきました。

そして、引き下げていた決済ラインに引っかかりここで全決済されました。

■今回のトレードのリスクリワード

 

4時間足第2波の戻しがもうちょっと時間をかけて戻し、4時間足MAに対して1時間足MAが収斂してくるような感じになっていれば、4時間足第3波はもう少し伸びたでしょうね

 

ということで、これで今回のトレードを完結させました。

今後の売りシナリオ

一旦の利益確定を行いましたが、依然として

・日足=下降トレンド継続中
・4時間足=下降トレンド継続中

で、かつ支えらえそうなサポートラインも当面はありませんので、下方向への優位性は高いままです。

但し、4時間足の移動平均線からレートが少し乖離していることもあり、ここから売っていくのは安値掴みになるリスクが高く、私はこういった移動平均線から乖離している局面ではエントリーしません。

ですので、下記のように4時間足の移動平均線までレートが戻ってきて、4時間足で認識できる戻り目(=高値切り下げポイント)を形成してくるような局面になれば、再度売りを検討していきたいと考えています。

 

上記チャートのように、4時間足MAに対して1時間足MAが収斂から拡散するポイントまで待ちたいですね

 

ということで今回のリアルトレード解説は以上となります。

何か参考になれば幸いです。

なお、私のトレード手法の全てはこちらのマニュアル(PDF127ページ)に記載していますのでトレンドフォローで安定して勝ち続けたい方は是非手に入れておいてください。

■既にこのマニュアルを手に入れてくれた方からの喜びの声■

【その内容のわかりやすさに大変感激しています

はじめまして、私はこの1月でFXを始めて3年目になる者です。

正月明けに別の検索結果から100億円さまの事を知り、早速無料レポートを頂戴し、その内容のわかりやすさに大変感激しています。

レポートのおかげでそれまで見ていたチャートの見え方が変わり、何を待つのかが明確になり不明瞭なトレードを考えなくなりつつあります。

先週も自分で納得できる理由で納得のゆくトレードが出来ました。

さらに159枚のチャート画像も頂きまして、こちらも有り難く使わせて頂いております。

物凄い物量なので今は番号ごとにA4にまとめて印刷し、過去チャートを引っ張り出して検証しております。

【3月は今のところ400pip以上の利益を出せています】

早速資料じっくりとおさらいさせていただきます。

まだまだトレード歴も浅い未熟者ですが、100億円トレーダー様のツイート(Twitterは100億円トレーダー様と賢人様のみフォローし、お二人の有益な情報のみを確認)、ブログ、資料を毎日確認しチャートを見続けて3月は今のところ400pip以上の利益を出せています(今月は損切なし)。

引き続き安定的に愚直にトレンドフォローの技術を磨くべく精進してまいります。

100億円トレーダー様のスタイルで本格的に取引をしているのは年明けからですが(それまではお試しエントリー、検証をひたすらしていました)、現在はドル円・ユーロドルの2通貨のみを徹底的に監視するスタイルで初心者の自分には2通貨程度がちょうどよく思います。

このように自分のトレードスタイルが少しずつ固まってきているのもトレーダー様のアウトプットもお陰です。

本当に感謝します。

今後もよろしくお願いします

FXで勝てなくて苦しんでいるトレーダーの方へ

稼ごうと思って始めたFXなのに、思うように勝てずに苦しんでいませんか?

このレポートでは、

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

などを全127ページに渡り豊富なチャート事例を用いて具体的に解説しています。

読んだその日から即実践できる超具体的な内容に仕上げましたので、今すぐ読んでいただき是非明日からのトレードのスキル向上にお役立てください。

リアルトレード
100億円トレーダーをフォローする
100億円トレーダーになるまで

コメント

  1. taka より:

    こんばんは、100億円トレーダーさん

    takaと申します。

    いつもこちらのサイトで勉強させて頂いてます。

    添削サービスにとても魅力を感じるのですが、よりスピードUPしたいので
    個物指導はしていただけないでしょうか(もちろん有料で、XMも開設します)

    FX歴は長くリーマンショックの時から始め大敗し 7年ほど休んでまた再開
    色々な手法を試しました。基本シングルタイムばかりでしたのであまり勝てず
    ココ5年間は毎年プラスマイナス100万前後です。

    1年前から本気で勉強しようと考えほぼ毎日5~7時間ほど

    FT4の様な検証ソフトで18通貨を月足、週足、日足、4時間、1時間、15分 をマルチに検証しています。
    検証の考え方は100億円トレーダーさんの4つの鉄板パターンとほぼ同じです。
    1年ほどリアルトレードをしていません。

    どうぞご検討していただきますようお願いします。

    • 100億円トレーダー100億円トレーダー より:

      すみませんが、個別指導はしておりません!エントリー添削だけでも充分に実力は向上すると思いますので、個別指導的なものを受けたい場合は是非エントリー添削をご検討ください。お手数ですが何卒宜しくお願い致します!