【リアルトレード】ユーロドル(2020.1.31)日足レベルの戻り目形成の上昇を獲りにいったトレード

リアルトレード

こんにちは、100億円トレーダーです。
(※詳しいプロフィールはこちら

2020年1月31日のユーロドルのトレードについて、上位足相場環境の把握からトレード足への落とし込み、仕掛け・決済までを簡単に見ていきたいと思います。

なお、いつもであれば、各時間軸毎にキャプチャを獲っているのですが、今回他の用事が忙しくてキャプチャを2枚しか撮れなかったので(4時間足と1時間足)、その他のチャートは出来上がったチャートで解説していきたいと思います。

 

今後はリアルトレードを動画でガンガンアップしていこうと思います(これまでは編集が面倒くさそうなので避けていました..)

 

日足

日足レベルでは完全に下降ダウ中ですが、日足MAとかなり乖離しており、かつ直近安値が過去のWボトムのラインでサポートされたことから、いったん戻してくるのではないかというシナリオを立てていました。

つまり、日足レベルの戻り目形成のための上昇を獲りにいくトレードを狙っていたということです。
(※日足MAまでの乖離を埋めるグランビル)

4時間足

上記チャートだと少しわかりづらいですが、4時間足レベルの第1波(ちょうど水平気味になった4時間足MAを抜けてくる)ところあたりでロングエントリーしています。

 

詳しくは1時間足チャートをご覧ください

 

私がエントリーした所は、4時間足で見るとまだ下降ダウ中なので、正確なトレンドフォローを心がけるならば下記チャートのピンクの矢印の部分でエントリーすべきなのですが、

✔直近安値が結構強めのサポートラインに支えられたこと
✔日足MAとかなり乖離していること
✔4時間足MAが水平から上向きになりつつあるので売りの圧力が弱まっていること

などから、4時間足の第1波の途中からロングエントリーしました。

もちろん、いったん戻してきてくることは想定済みで(実際に戻してきました)、そこは耐えるつもりで早めにエントリーしています。

1時間足

ピンクの矢印部分が実際にロングエントリーした所ですが、4時間足では認識できませんが、1時間足レベルでは安値切り上げのWボトムが認識することができましたので、4時間足レベルのダウ転換の前に早めにエントリーしていきました。

先ほども言いましたが、4時間第1波となりますので、一度4時間足MAにワンクッション付けてくることは想定の上でエントリーしています。
(※実際に4時間足MAにワンクッション付けてきました)

MAの形を見ても、1時間足MAは完全に下から受けてくる形であり圧倒的に買い優勢、4時間足MAは水平でしたが、レートが抜けてくることで上向きに転換してくるであろう局面でのエントリーでしたので早めのエントリーとは言え、そこまでリスクは高くないと考えました。

結果

いつもはかなり夜遅くまで起きているのですが、この日はなぜか眠く、利確する前にさっさと寝たいと思ったので、4時間足レベルで認識できる抵抗帯の下限に利確ラインを引き上げ、そのまま寝ました。

翌日起きてチャートをチェックしてみると、予想以上に伸びており、もうちょっと起きてみていれば良かったなと少し後悔しました。。

なお、私のトレード手法の全てはこちらのマニュアル(PDF127ページ)に記載していますのでトレンドフォローで安定して勝ち続けたい方は是非手に入れておいてください。

FXで勝てなくて苦しんでいるトレーダーの方へ

稼ごうと思って始めたFXなのに、思うように勝てずに苦しんでいませんか?

このレポートでは、

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

などを全127ページに渡り豊富なチャート事例を用いて具体的に解説しています。

読んだその日から即実践できる超具体的な内容に仕上げましたので、今すぐ読んでいただき是非明日からのトレードのスキル向上にお役立てください。

リアルトレード
100億円トレーダーをフォローする
100億円トレーダーになるまで

コメント