【FX】ドル円相場環境分析(週足・日足・4時間足)

相場環境分析

こんにちは100億円トレーダーです。

簡単にドル円(週足・日足・4時間足)の相場環境分析をしていきたいと思います。

週足

現在のドル円は週足レベルで見ると高値も切下げてきているし、安値も切り上げてきていますのので、大きなボックス相場となっております(緑の枠)。

よって、上げてくれば週足レベルの「戻り売り勢力による売り」が入ってきやすいですし、下げてくればこれまた週足レベルの「押し目買い勢力の買い」が入ってきやすい状態となっております。

要するに、売り勢力と買い勢力が緑の枠内でやり合っている局面(=戦争状態)であり、大きな足で見れば方向感のない展開となっています。

日足

買いシナリオの場合

現在、大きく上昇しており4時間足レベルでは上昇ダウに突入していますが、日足レベルで見ると下降トレンド継続中の単なる戻しにしか過ぎないため、買っていくならば一度日足レベルの安値切上げポイントを待ちたいところです。

ただ、先ほど見たように週足レベルではボックス相場となっている為、上昇すれば週足レベルの戻り売りが入ってくる可能性もあり、注意が必要です。

売りシナリオの場合

かなり上昇してきており、いくらまだ日足レベルでは下降トレンド中であろと言っても既に日足MAも超えてきておりかつMAがレートを下から受けてこようかという動きになってきていますので、下げてきた所は日足レベルの押し目買いが入ってくる可能性があります。

よって売っていくならば、日足レベルで高値切下げポイントを作って、かつ日足MAが水平かやや下気味になってくる局面まで待ちたいと思います。

4時間足

買いシナリオの場合

4時間足レベルでは上昇ダウを築いていますが、4時間足MAも伸び切っており、ここから買っていくのは高値掴みになるリスクが高いです。

また日足レベルではまだ下降トレンド中であり、上昇してくれば戻り売り勢力も入ってくるため、日足レベルの押し目形成を待ちたい局面です。

4時間足MAが伸び切っていますので、日足MAに収斂から拡散していく所を狙っていこうかと考えています。

売りシナリオの場合

4時間足レベルで既に上昇トレンドに入っている為、売っていくなら最低でも4時間足レベルで高値切下げポイントを形成してからとなります。

ただ、4時間足レベルで高値切下げポイントを作ってその後下げてきたとしても、下げてきたら日足レベルの押し目買いが入ってくる可能性もありますので注意が必要です。

よって、売っていくならば日足レベルの高値切下げポイントを形成したのち、下位足でトレンド転換した局面で売っていきたいと考えています。

コメント