【リアルトレード】ドル円(2020.4.3)トレンド転換後の1時間第3波を獲りにいったトレード

リアルトレード

こんにちは、100億円トレーダーです。
(※詳しいプロフィールはこちら

2020年4月3日のドル円のトレードについて、上位足相場環境の把握からトレード足への落とし込み、仕掛け・決済までを簡単に見ていきたいと思います。

 

日足レベルの押し目買いが入ってくるポイントの中で、4時間足レベルの第1波、その中の1時間足レベルの第3波を獲りにいったトレードとなります(←この意味が分からない方は恐らくトレードしても勝てませんので初心者向けページよりプロトレーダーへの道のりを順に勉強してください)

 

日足

日足は依然としてトレンドレス、もしくは前回の押し安値を割ってからまだ安値切り上げも高値更新もしていませんので、下落トレンドと捉えることができます。

とは言え、日足レベルの過去のネックラインに支えられ反転してきていますので、ここが日足レベルの安値切り上げポイントとして買われてくる可能性も十分にあります。

 

あと直近の高安の半値付近(フィボ50%)まで下げてきていることも、買われる要素となりますね

 

4時間足

4時間足ではダウの判断が難しいのですが、大きなダウで捉えるとまだ戻り高値を超えていませんので下降トレンド継続中と言えます。

が、

日足レベルの安値切り上げポイントになろうかというところで、若干の安値更新はしていますがザックリ見るとWボトムを形成してきており、また4時間足移動平均線も下げの勢いをなくし水平になってきていることから、「売り圧力」が完全に弱っていることが分かります。

レートが水平になった4時間足MAを上抜けてきていることも、「売り圧力」が弱り「買い圧力」が強くなってきていることを表しています。

 

移動平均線をレートが上抜くということは、その瞬間の価格が平均値を上回ってきたことを示し、売るトレーダーよりも買うトレーダーの人数の方が多くなってきたということです

 

そのような中、4時間足でも認識できる安値切り上げを形成してこようかという局面になってきました。

この安値切り上げポイントの中で、下位足でトレンド転換をしてきた場合、かなり「買い圧力」が強くなりますので上げ方向に対する優位性が出てくることになります。

但し、大きなダウで捉えた時に4時間足では依然として下降トレンド継続中であり戻り高値付近から売ってくる勢力もいるため、このライン付近で反転してくることも想定しておきます。

 

ちなみに下記チャートは、4時間足での短期的なダウを表示したものですが、これは4時間というよりは1時間足のダウになりますね

1時間足

1時間足では、

・1時間足レベルの戻り高値を超えている
・安値切り上げ高値更新もしている

ことから完全に上昇トレンドに突入しており、

 

下げてきたら買いたい

 

と考えている勢力が多いことが分かります。

 

上昇トレンドは、上がると思っているトレーダーの方が多いため、売りが入ってくる優位性は非常に低いです

 

また、MAとレートとの関係を見ても、

・1時間足MAは下からレートを受けている
・4時間足MAも下からレートを受けている

という状態ですので、「売るトレーダー」より「買うトレーダー」の方が多い状況が続いていると認識することができます。

 

1時間足MAに関しては、一旦抜けてからのワンクッションポイントとなりますので、1時間足MAに対するグランビル(押し目・第3波)ということになりますね

 

そのような中、1時間足でも認識できるWボトムを形成してきました。

このボトムの右側の中で、更に下位足がWボトムもしくは安値切り上げ高値更新のトレンド転換をしてきたら、上げ方向に対してかなり優位性を持つことになります。

ということで、下位足である15分足を見ていきます。

15分足

15分足を見てみると、1時間足レベルで認識できるWボトムの右側のボトム内で15分足レベルのWボトムを形成してこようとしていたので、そのネックライン超えに買い注文を入れました。

Wボトムを作ってネックラインを越えてくることで、

「何度か安値を試したが、結局安値更新に失敗した」

という相場参加者共通の心理が生まれます。

その為、これから買おうとしているトレーダーは、

 

何度か安値を試したが、結局安値更新できなかったな。これはもう売る力が弱いということだからこれ以上は「下」に行かないな。1時間足レベルでは上昇トレンドだしネックライン超えで買おう

 

と思い始めますし、売っているトレーダーは、

 

あぁ、安値更新すると思って売ったのに安値更新できなかった。もう駄目だ。1時間足レベルでは上昇トレンドだからこの辺で逃げておかないと大損してしまう

 

ということで薄利薄損で逃げたり、トレンド転換が確定するネックライン超えのところに損切りの買い注文を入れてきたりします。

このような感じで、ネックライン超えには注文が溜まっていることが分かる為、ネックライン超えに注文を入れておくことは優位性が高いと言えます。

結果

1回目の利確

その後は予想通り伸びていきましたが、これまた予想通り4時間足レベルの戻り高値付近で売り勢力が入ってきたためレートが伸び悩み始めてきました。

その為、15分足レベルの安値を割ったところで半分決済しました。

2回目の利確

残り半分はこのラインを抜けれるかどうかを見ていましたが、結局売り勢力が強くラインを抜けれなかったため、15分足レベルの安値直下に決済ラインを移動させ、そこで決済されました。

 

分割決済しましたが、結局同じようなところで利食いされましたね

 

ということで今回のリアルトレード解説は以上となります。

何か参考になれば幸いです。

なお、私のトレード手法の全てはこちらのマニュアル(PDF127ページ)に記載していますのでトレンドフォローで安定して勝ち続けたい方は是非手に入れておいてください。

FXで勝てなくて苦しんでいるトレーダーの方へ

稼ごうと思って始めたFXなのに、思うように勝てずに苦しんでいませんか?

このレポートでは、

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

などを全129ページに渡り豊富なチャート事例を用いて具体的に解説しています。

読んだその日から即実践できる超具体的な内容に仕上げましたので、今すぐ読んでいただき是非明日からのトレードのスキル向上にお役立てください。

リアルトレード
100億円トレーダーをフォローする
100億円トレーダーになるまで

コメント