【リアルトレード】ユーロドルロング:勝ち(2018.4.29)

リアルトレード

100億円トレーダーです

昨日深夜から持っていたユーロドル(EUR/USD)のロングポジションを先ほど手仕舞いましたので画像とともに振り返っていきたいと思います。

局面としては、「日足レベルの戻り目形成のための上昇」を獲りにいったトレードとなります。

日足

ご覧の通り、日足レベルでは既に下降トレンドに突入している状態です。

今回のトレードは下降トレンド中の戻り目を形成するための上昇を獲りにいきました。

日足MAとも乖離していますので、「日足MAに対して乖離を埋めるグランビルの法則」が働く局面でもあります。

4時間足

日足レベルの戻り目形成のための上昇局面で、4時間足レベルで安値切上げが見えてきて、その安値切上げポイントの中で下位足でトレンド転換してきたので買っていきました。

目標ラインはちょうど日足MAとレジサポラインがぶつかるところあたりです。

4時間足レベルの直近高値を抜けてくると4時間足レベルの上昇トレンド転換が確定します。

また4時間足MAに対してグランビル第3波になろうかという所ですので、ある程度の伸びは期待できる局面となります(とは言いつつ上昇すれば日足レベルで戻り売りが入ってきますが)。

1時間足

4時間足レベルの安値切上げポイント(赤)の中で、1時間足レベルのWボトム形成(青)、そのボトムの右側で15分足レベルの上昇トレンド転換となりましたので図中の緑の矢印部分で買っていきました。

根拠としては、

✔️水平ラインによる支え
✔️ダウの安値切上げポイント
✔️安値切上げポイントで4時間・1時間足で認識できるWボトム
✔️4時間足レベルのトレンド転換の可能性
✔️日足MAまでの乖離を埋めるグランビル

などが挙げられます。

リスク要因としては、

✔️直上に抵抗帯
✔️その上に下降トレンドライン

などがありましたので、そこらで反転してきた場合薄損か微益で逃げるつもりでいました。

15分足

先ほども言いましたが、

✔️4時間足レベルの安値切上げポイントの中で(この時点で上げに対して優位性があるということになります)
✔️1時間足レベルのWボトムを形成し(赤)、
✔️そのボトムの右側の中で15分足レベルで上昇トレンド転換してきた(青)

ので、上位足と下位足の方向が一致したことになり、上げ方向に対する優位性が高まりますのでロングポジションを持ちました。

結果

チャネルライン上限、レジスタンス、下降トレンドラインがちょうど3つ重なるポイントで半分決済。残り半分は目標としていたラインに到達しましたのでそこで決済となりました。

1時間足MAもかなり伸び切っており、かつ4時間足MAからもレートがかなり乖離していますので、この辺で一旦利益確定しておいて良いと考えています。

おまけ

ポンドドルでも同じ形が来ていましたね。

私は資金管理上入りませんでしたが、ここを獲った人も多いのではないとか思います。

ユーロドルとほぼ同じ形ですのでチャートだけ貼っておきます。

考え方はユーロドルとほぼ同じです。

4時間足

1時間足

15分足

 

コメント