シンガポール・バンコク旅行記

旅行記

1週間ほどシンガポールとバンコクに行ってきました。

シンガポールは3回目、バンコクは2回目となる旅行です。

アジアの中でもシンガポールとタイはローカル飯が美味いのでついつい行ってしまうお気に入りの国です。

3度目の渡航にもなると主な観光地には既に行っているので、だんだんとニッチでローカルな場所・お店ばかりを選んでしまいました。

なので今回は、どちらかというと東南アジアのローカル感を楽しむ感じの旅行になったかなと思います。

では東南アジア旅の記録スタートです。

日本出発→シンガポール入国

シンガポールのチャンギ空港はアジア最大のハブ空港で、空港内にも様々な遊べるスポットがあることで有名。

娘ちゃん、今回でシンガポール3回目!

シンガポールのドナルド氏の洗礼は、泣くことはなかったけど顔が引きつってましたw

まずはホテルに向かいます。

今回の宿も3度目になるマリーナベイサンズです。

マリーナベイサンズはシティ側とガーデン側、低層と高層で部屋のランクが分かれていまして、やはりオススメはシティ側の高層階。

今回は50階の部屋をくれました。

部屋のタイプもいくつかランクがあって一番シンプルなデラックスルームにしましたが十分に広くて、プレミアルームに引けを取らない快適さでgoodでしたよ。

スカイビューの景色が最高。

床から天井まで届く窓からの景色が素晴らしいです。

プレミアルームではカウチが置かれていますがデラックスルームはソファセット。

3人掛けと一人掛けのセットなので何気にこっちの方が団欒しやすくて快適だと思いました。

娘も一生懸命ソファに登り、くつろいでいました。

この歳ですでに2度目のマリーナベイサンズ泊とは、我が娘ながら羨ましいです。

天気が良くて、遠くの建物まで見えるの迫力ある景色。

やっぱりこのホテルからの景色、大好きです。

一息ついたらまずはプールへ。

このインフィニティプール、テンション上がりますね。

どの国の人たちもみなさんめっちゃ自撮りしてました。

シンガポールに住んでいる友人夫妻がいるので、合流しシンガポールチキンライスを食べに中華街へ向かいました。

現地の交通機関を使ってローカルの生活を体験するのも好きなので私たちの旅行ではバスや電車もよく使いますよ。

シンガポールを筆頭にアジア圏は感動するほど子連れに優しいので、家族で行かれる際には電車に乗って実感してみるのをオススメします。手を引っ張って優先席まで連れてくれて座らせてくれたこともあります。

ツアーバスやタクシー移動だけでは体験できないローカルの人々を肌で感じられるのが好きです。

チャイナタウンにあるマックスウェルフードコートというホーカーセンターにシンガポールで一番好きなチキンライス屋さんがあるので直行。

このホーカーズではガイドブックに載っている天天鶏飯と言うお店が有名で常に並んでるのですが、ここは騙されたと思って同じ筋にある東風發鶏飯(Tong Foo Fat)のも食べてみてください。

並んでないけどこっちの方が美味しいしいです。オススメ。

ホーカーセンターというのは屋台村のことでたくさんの屋台が集まっています。

シンガポールは衛生状態に厳しくしっかりとチェックが入っているらしいので全く問題なく美味しいものを食べられます。(AかBのお店で食べてます。)

チャイナタウン駅からマックスウェルまでの道にある新嘉坡佛牙寺(ブッダ・トゥース・レリック寺院)にも久々に寄ってみました。

1階だけしか観ませんでしたが、3階と4階にはアジア圏の各国の仏像やお釈迦様の歯が展示された仏教博物館、屋上には見晴らしの良いランの庭園があるらしいので時間があれば次回は寄ってみたいと思います。

壁にたくさんの仏像。新しいお寺ですがたくさんの人がお祈りをして信仰の深さが見えました。

続いてリトルインディアへ。

ムスタファセンターの通りを挟んだ角にあるCMK2001Restaurantと言うインド料理とマレー料理のお店にふらっと入り、休憩。

ちょっと飲みもの…という感じでお店に入った友人のそのふらっと感が、とてもローカルっぽくてさすが。

マンゴーラッシーとミルクティーで涼む。

このミルクティーはシンガポールでteh tarik(テ・タリ)と呼ばれるものでかなりメジャーな飲み物。

紅茶にコンデンスミルクが入ったもので、甘くて冷たくて暑い中での街歩きには最高のお供。

1ドルくらいなので喉乾いたらすぐ飲んじゃいますね。

ちなみにteh halia(テ・ハリア)は試したことないけど生姜入りのミルクティーだそう。

こんな街角の屋台のようなレストランでもハズレが少なく美味しいのがシンガポール。

ムスタファセンターでは妻が石鹸や調味料など細々としたものを買っていました。女性のバラマキ土産を買うのに便利だそうですよ。

ホテルに戻りまた屋上のプールサイドでのんびり。

 

ガーデンズバイザベイ側の景色です。

3本のタワーの影がかっこいい。

夕食は考えていなかったのでサンズモールに入っている鼎泰豊(ディンタイフォン)しました。

台湾料理のお店だし東京でも食べられますが、小籠包が好きすぎて。。

そして部屋に帰ると、この圧倒的な夜景が出迎えてくれました。

これぞ勝者の景色!最高すぎてずっと見ていられる景色です。

シンガポールのこのマリーナ付近にはベイサンズ以外にも素敵なホテルがたくさんあり気になるんですが、この圧倒的な夜景が大好きなのでどうしてもここに泊まりたくなります。

シンガポールに行かれる際はぜひシティが見える高層階に泊まってみてください。

シンガポール2日目

おはようございます。

2日目もいいお天気。

娘も50階からの景色を気に入ったようで、部屋にいる間ずっと窓の前にいました。

朝ごはんはサンズモールの中にあるホーカーズでフレッシュジュースを。

マリーナベイサンズからヘリックスブリッジを渡り、近辺を朝の散歩。

このHelix bridge(ヘリックスブリッジ)の螺旋のデザインはDNAから着想を得ているらしいですよ。

歩道橋なので歩行者専用で、朝夕はここをランニングしている人がたくさんいて都会らしくて良いなと思いました。

余談ですが、稼ぐトレーダーほどテストステロン値が高いという結果がケンブリッジ大学の研究で出たというのを読んだことがあります。運動するとテストステロン値が上がるらしいので、ニューヨークを始めとするシティで朝から走る人が多いのは金融マンが多いからかもしれません。シンガポールも然り。

シンガポールで一番風水的に気が良いと言われているらしいサンテックモールまで歩いてみました。

朝ごはんを食べたかったのにどの店もまだ閉まっていて唯一開いていたフードコートでマレー系のカレーを食べました。

昨日に引き続きまたチャイナタウンにきてしまいました。

行ったことがないホーカーに行ってみたかったのでchinatowm complexという地元感満載のホーカーへ。

マックスウェルと比べると古くて暗い雰囲気からなのか?ちょっと清潔感が感じられないお店が多くてあんまり食欲出ず…だったのですが後日このホーカーの口コミを見ていると在新の方がたくさんのオススメ店を紹介してくれておりそれを見るとめっちゃ美味しそうなので次回はリサーチしてから行こうと思います。

チキンライスとフィッシュのお粥を。

2日目のディナーはファラーパークにあるHilman(ヒルマン)と言うペーパーチキンで有名なお店へ。

これがペーパーチキンです。

大きくてプリプリな照り焼きチキンが一つ一つ薄い紙に包まれています。

ジューシーでプリプリ。めちゃうまです。

空芯菜の炒め物などの中華料理も美味しい。

ガーデンズバイザベイの夜のショーを見ました。

シンガポール3日目


お昼寝タイムを挟み、マリーナベイサンズのアートサイエンスミュージアムにあるチームラボのFUTURE WORLDへ。

チームラボは日本でも大人気のデジタルアート展ですよね。

シンガポールのマリーナベイサンズ内にも2016年から常設展があります。

まだ小さい娘も大興奮、大人も大大興奮で遊べました。小学生くらいのお子さんだともっと楽しいと思います。

不思議な空間に釘付けの娘。

日本のチームラボも楽しいですがシンガポールのミュージアムには世界各国から遊びに来ている外国人の方が多いのでこども同士の関わりも英語や外国語だから親にとっても良い刺激です。

自分の魚もお絵描きしました。どの展示も大人も楽しめるものでした。

一旦部屋に戻り、50回の部屋からの夕焼けを楽しむ。

どの時刻も絶景なり。

夜は友人オススメのマカンストラ・グラットンズ・ベイと言うホーカーセンターへ。

左がロティプラタ、右がキャロットケーキ

両方初トライ。

シンガポール4日目

シンガポール最終日になりました。

この日は娘のためにバードパークです。

シンガポール5日目→バンコクに移動

さっきまでのシンガポールの景色とは大きく変わり、the Thailand!な景色。

まずタイと言えばトゥクトゥク。

そして目を引くのが何十本も絡み合うように張られている電線。感電しないか見ていてヒヤヒヤ…

大量のバイクもタイっぽさの一つですね。

そしてやっぱりタイのこれが一番好き。路上で寝る犬や人が多いこと。

人が昼間っぱらから原付の上やその辺の椅子で寝てるんです。浮浪者ではなく昼寝をしてるだけの普通の人ですよ。商店で買おうとしてもお店の人が寝てるので起こさなきゃいけなかったり。笑

日本にはない自由さに私はかなり癒されますね。

ピンクのカオマンガイと呼ばれていて有名なラーン・ガイトゥーン・プラトゥナームへ。

チキンライスは一皿なんと40バーツ(120円)と言う安さ。

アヒルとしいたけのスープは60バーツ(200円)

 

タイ2日目

行ったことがない場所へ行きたくてルンピニ公園を散歩しました。

池にでっかいオオトカゲが泳いでいてびっくりしました。

ミズオオトカゲというらしく体長は約2mもあるそう。

公園を進むと屋外トレーニングジムがありました。

聞くと有料だそうで結構利用者もいる。

このジムのベンチプレス、なんとタイヤでした。

マンガやん!と斬新さに笑ってしまいました。

筋トレ歴が長い私ですがタイヤでできたベンチプレスを見たことは初めてです。

タクシーを拾い、サイアムにあるサイアムパラゴンへ。

トムヤムラーメン、生春巻き

カオニャオマムアンというスイーツにも初トライしてみました。

もち米とマンゴーの組み合わせ。

タイのドナルドさんはサワディーカーのポーズをしていますよ。

ホテルに帰ってきてプールタイムです。

高級ホテルではないのですが新しいので清潔感がありインフィニティープールもあり快適に滞在できました。

プールからはリッツカールトンのビルが見えました。

バンコクには妻の友人のタイ人の子がいるのでパヤタイ駅近くの超ローカルな裏路地にあるトムヤムヌードルのお店でタイ人の友人と食事をしました。

pee Aor(ピーオー)と言うお店。

タイ料理の中でも特にトムヤムヌードルが大好きな私にタイ人の友人がオススメしてくれた店です。

タイ3日目

タイ4日目→シンガポール

マンゴーツリーで昼食。

 

そしてシンガポールに戻ります。

シンガポール到着

帰国しました

帰国です。

羽田からの帰りは、リムジンバスで渋谷のマークシティまで乗ってそのまま美登利寿司でお寿司を食べて帰るのがいつものパターン。

今回も無事に帰ってこられて良かったです。

著者プロフィール

100億円トレーダー

「筋トレ」と「旅行」と「車」が好きな37歳

投資詐欺と劣悪なネットワークビジネスに騙され借金まみれの中、どうにか人生を逆転させようと2011年から死に物狂いでアフィリエイトを行い、10ヶ月目で月収100万を達成。

その後収益の自動化(毎月200〜300万)が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、家賃42万のタワーマンションに住み、趣味の筋トレ・旅行(海外&国内)・ホームパーティーに没頭する毎日。

結局、アフィリエイト含むネットビジネスで総額1億5,000万くらい稼ぐ。

最高月収は1,200万。

のんびり自由に暮らしていたが、ある人の出会いがキッカケでもっと上を目指そうと決意。

その額年収10億円。

但し、このままアフィリエイトをやり続けても年間10億以上は稼げないと分かったので、2016年8月からFXトレードをスタートさせる。

2年半の間全く勝てず、累計損失も「−1,000万」を突破し、精神的にドン底に落ちるが最近安定的に勝てるようになってきたので、まずはトレードのみの収益で「年収1億円」を目指している。

将来的にはドバイ・東南アジアのどこか・ハワイに家を買い、この3拠点をメイン居住地とするグローバルPTになることが目標。

総資産は100億を目指す

旅行記
100億円トレーダーをフォローする
100億円トレーダーになるまで

コメント