エントリー添削の具体的な受け方

こんにちは、100億円トレーダーです。

個別エントリー添削のサービス(オンラインメールコンサルティング)の具体的な受け方をお伝えします。

エントリー添削を受ける際は、下記で説明している事項を必ずメール本文に記載して頂きますよう宜しくお願いします。

大前提:トレンドフォローによるトレードしか添削できません

私のトレードは、

「トレンドフォロー」

であるため、それ以外の手法(例えば逆張り等)を使ったトレードについて聞かれても正確なアドバイスをすることができません。

よって、トレンドフォローによるトレードのみがエントリー添削の対象になります。

1:あなたのMT4のIDをエントリー添削文の冒頭に必ず書いてください

エントリー添削を受けられるのは、

①私からXM(エックスエム)の新規口座開設を行い(=追加口座でも良い)
②その時発行されたMT4のIDでトレードした場合

に限ります。

つきましては、エントリー添削依頼メールの冒頭に、必ずあなたのMT4のIDを記載いただきますよう宜しくお願い致します。

2:日足・4時間足・1時間足・トレード足のチャートを添付してください

トレードは上位足の相場環境の把握が8割・9割を占めており、添削する際も上位足の相場環境を把握した上でアドバイスさせて頂きますので、日足・4時間足・1時間足・トレード足のチャートの添付(計4枚)をお願いします。

なお、エントリー直前のチャートとエントリー後のチャート両方あればかなり良いです。

3:どこでエントリーしたかがハッキリ分かるようにしておいてください

どこでエントリーしたかを書いていない場合添削はできませんので、例えば下記ような感じでどこでエントリーしたかをハッキリと分かるようにしておいてください。

損切ラインも書いておいてくれれば尚良いです。

4:エントリーした根拠をなるべく詳しく書いておいてください

どういう根拠をもとにエントリーしたかをなるべく詳しく書いてください。

この根拠こそがその人のトレード技術そのものですから必ず記載ください。
(※ エントリー根拠を言語化することはトレードの上達にも繋がります)

例えば下記のような感じです。

1月30日のUSD/JPYロングエントリーの根拠について「果たして正しいのか?」アドバイス頂けますと幸いです。

相場環境としては、日足レベルで既に上昇トレンドに入っておりその押し目を狙ったロングになります。

4時間足チャートを見てもらうと分かる通り、日足レベルのサポートライン上で日足レベルの大きなWボトム形成、そのボトムの右側で4時間足レベルのWボトム形成、更にそのボトムの右側で1時間足レベルのWボトム形成、4時間足MAが下げていたのが少々気になりましたが、1時間足レベルのWボトムネックライン越えでロングエントリーしました(チャートの赤〇部分)。

また上昇トレンドラインにも支えられていました。

エントリー後、レートは4時間足レベルのWボトムのネックラインも越えていき4時間足レベルでも上昇トレンド転換、よってこの後伸びが期待できると思いましたが、30pips伸びた所で急速に失速してその後急落していきました。

そこでなのですが、このロングエントリーは根拠として正しいのか解説頂けますと幸いです。

個人的に考えたのは、

・4時間足MAがまだ下げていたこと
・4時間足チャートの□部分において上値がWトップで抑えられていたので重いかもしれないこと

などは事前に分かっていましたが、それでも、

・日足レベルのサポートラインに大きなWボトムで支えられ、
・そのボトムの中で更に4時間足/1時間足レベルのWボトムが形成され、
・ダウの中のダウの中のダウとなっており、
・かつ上昇トレンドラインにも支えられていたので、

強いと思ってロングエントリーしたのですが、どこか相場環境の認識として間違っている部分などありますでしょうか?

よろしくお願いします。

エントリー添削の具体的な受け方 まとめ

以上をまとめると、

①MT4のIDを必ず記載すること
②日足・4時間足・1時間足・トレード足のチャートを添付すること
③どこでエントリーしたかがハッキリ分かるようにしておくこと
④エントリーした根拠をなるべく詳しく書いておくこと

この4つをエントリー添削を受ける際のメール本文に必ず記載ください。

そうすることで私も的確なアドバイスができますし、不明な部分を問い合わせるなどの双方の負担を減らすことができます。

ご面倒かもしれませんが宜しくお願いします。

エントリー添削のメールの宛先は

multimillionaire.trader88@gmail.com

です。

件名に、

「エントリー添削」

と書いて頂ければスグに分かりますので、そのように書いておいてください。

それではあなたからのエントリー添削をお待ちしております!

ともにFXで稼ぎ自由を掴み取りましょう^^