なぜ、レートは大きく伸びるのか?

下記の概念図は下降トレンドを形成して下げてきたレートが、過去から引ける節目ラインに支えられてダブルボトムを築き、トレンド転換、その後上昇に転じた局面です。

この図を使って、損切りラインを巻き込みレートが大きく伸びていく様子を見ていきましょう。

この図で、高値を切下げて反転してくるA1やB1のポイント、そして安値を更新するA2やB2のポイントでは、当然売りを仕掛けるトレーダーがいます。

それらのトレーダー達損切りは、ピンクラインで示した直近高値に入れてきます。

AやBの局面は、下降トレンド中なので、戻ってきたら売りたいと考えているトレーダーが圧倒的に多い状態。

その為意識されそうなレジスタンスラインを見つけて、そこで反転し始めたら売ってくるトレーダーは多い(A1とB1)。

また安値を更新して下降トレンド継続を決定づけるポイント(A2とB2)から売ってくるトレーダーも数多くおり、これらのトレーダーの売り注文によってレートは下げていくことになる。

そして、B2を抜けることでレートは大きく下げ、A1・A2及びB1から売りポジョンを保有しているトレーダー達は、いつポジションを解消しようかと考えはじめます。

後過去節目ラインに支えられ一旦戻しますが、これを単なる戻り目と判断して、再度C1で売りを仕掛けるトレーダーが出てきます。

彼らは下降トレンドが継続しているのを見て、次も安値更新していくだろうと判断し、C1で売りエントリーしてきます。

そして、彼ら損切り多くは、直近高値ラインに入ります(ピンク線)。

しかしながら、そ後安値を更新することができず、ダブルボトムを築いて反転上昇してきます。

この時に一部の気の早いトレーダーは、

 

あれ、もう下に行かないのかな。トレンドはもう終わりなのかな

 

安値更新できなかったか、ちょっと嫌だな

 

と思い始めますので、利益確定の買い注文を出し始めます。

とは言え、Cの損切りライン(ネックライン)を抜けない限り下降トレンドは継続中ですので、多くのトレーダーはレートがこの後どうなるか静観している状態です。

しかしその後、レートは上昇を続け、遂に①でネックラインを抜けてきました。

このネックライン抜けには、以下の買い注文が集中していることになります。

■A1・A2・B1・B2で売っていたトレーダーの利益確定の買い注文
■C1で売っていたトレーダーの損切りの買い注文
■ダブルボトム形成からトレンド転換を狙った新規の買い注文

このネックラインは、短期的にトレンド転換が確定するラインであるため、それまで売りポジションを保有してきたトレーダーは、ここで一斉にポジションを解消します。

A1・A2・B1・B2で売っていたトレーダーは利益が出ましたが、C1で売ってしまったトレーダーはお手上げで損切りすることになります。

また、節目ラインにしっかり支えられてダブルボトムを築いてきたのを確認でき、ネックラインを超えることで短期的にトレンド転換が確定すれば、当然買っていきたくなるトレーダーもいるため、それら新規買い注文が①に集中します。

ように、さまざまな思惑買い注文が①には集中することになり、①を上抜けると注文を巻き込んでレートは勝手に上昇することになります。

とは言え、図中の☆印の時点では、ダウ理論的には戻り高値を超えていないため、まだ下降トレンド継続中とみなされますから、戻り目からの下げだと判断してDから新たに売ってくるトレーダー達が多くいます。

そのため、一度レートは下げていくことになります。

ですが、下げていたレートはダブルボトムのネックライン付近で反転し始め、上昇に転じてきました。

これを受けて、戻り目からの下げだと判断してDから新たに売っていたトレーダー達が、

 

あぁ、もうこれ下がらないな。さっさと決済しておこう

 

と判断して、決済の買い注文を入れてきます。

また、

 

安値切り上げを見せてきたので買い勢力の力が強くなってきているな

 

と判断したトレーダー達が買い注文を入れてきますので、先ほどの決済の買い注文と合わさってダブルの買い圧力となり、レートは上昇していくこととなります。

その後レートは③の高値を超えて、本格的に上昇していきました。

③には以下の買い注文が入っています。

■A1・A2・B1で売って決済ラインを引き下げていたトレーダーの利益確定の買い注文
■B2・C1で売ってまだ粘っていたトレーダーの損切りの買い注文
■Dから売っていたトレーダーの損切りの買い注文
■①や②で買いそびれたトレーダーの新規の買い注文
■①や②で買ったトレーダーの追加の買い注文

再度高値を更新することで、当然新規買い注文は入ってきます。

また、B2・C1で売りポジションを持って粘っていたトレーダーも、さすがにお手上げで損切りしてきます。

ように、さまざまな思惑買い注文が③には集中することになり、③を上抜けると注文を巻き込んでレートは本格的に上昇することになります。

いわゆるエリオット波動第3波というやつですね。

実チャートで実際の値動きを確認

最後に概念図で説明してきたものを、実際のチャートを使って見ていきたいと思います。

下記は日経225の1時間足チャートになります。

概念図で使った下降トレンドから上昇トレンドに転換するというものとは正反対ですが、考え方自体は全く同じですので、この実チャートを使ってどこにどのような注文が集中しているかをご自身の頭で考えてみてください。

□部分でレートが大幅下落した理由

①:A1・A2・B1で買ったトレーダーの決済(=利益確定)の売り注文
②:B2・Cで買ったトレーダーの損切りの売り注文
③:ダブルトップ形成からトレンド転換を狙った新規の売り注文

その他大勢がどう行動してくるのか?

以上、

「下降トレンド → ダブルボトム → 上昇トレンド転換」

の流れにおける注文の集中を簡単に見てきました。

このようにチャートを見る時に常に考えないといけないことは、

「そ他大勢がどう行動してくるか?」

ということです。

相場には常に、

1.買いポジションを保有しているトレーダー
2.売りポジションを保有しているトレーダー
3.売買ポイントを探っているトレーダー

3種類が存在しています。

それらのトレーダー思惑が一方向に一致したとき、レートは大きく伸びることになります。

上昇であれば、新たに買い注文を入れたくなる・買い増ししたくなる局面であり、売りポジションを保有しているトレーダーからすれば、お手上げで決済・損切り買い注文を入れずにはいられない局面です。

ひとつ例が、今回ご紹介したチャートの①ポイントですね。

ように、他のトレーダー達がどう行動してくるかが見えることで、トレードは非常に分かり易くなっていきます。

ですので、今回解説したような見方で、実際チャートを考えなら見てみてください。

全く違った景色に見えてくるはずです。

また、今回解説した【大衆心理とそれに伴う各トレーダーの注文の状況】について更に詳しく知りたい方は、是非こちらの書籍を手に入れ、そして勉強してください。

大衆心理とそれに伴う各トレーダーの注文の状況が分かれば、

・どうなったら売っていけるのか(買っていけるのか)
・売った(買った)場合のリスクはどこにあるのか
・どこに注文が集中しているのか

などがチャートから判断できるようになりますので、面白いように稼げるようになりますよ。

是非、こちらから手に入れ、大衆心理とそれに伴う注文の集中についての理解を深めてください。